【ハンドメイドの基礎知識】ボールチップ・カシメ玉の使い方・コツ・レシピ

このページではボールチップ・カシメ玉の使い方や種類ボールチップ・カシメ玉を使った作品などを紹介しています。



1. ボールチップ・カシメ玉とは

ボールチップ・カシメ玉は、アクセサリー作りにおいて、テグスやワイヤーの先端を処理するときに使用します。

ボールチップは“ダルマチップ”、カシメ玉は“つぶし玉”とも呼ばれます。

▼ボールチップ(ダルマチップ)
ボールチップ

▼カシメ玉(つぶし玉)
ap002738_2

この2つの材料は別売りされているものですが、一緒に使うことが多いのでセットで販売されていることもあります。今回は一緒に使うケースをメインにご紹介していきます。

カシメ玉の“カシメ”は、「かしめる」という言葉が由来です。意味は「接合部分にはめこまれた爪や金具を工具で打ったり締めたりして接合部を固くとめる(大辞林第三版)」とのこと。

カシメ玉を初めて使われる方は、この記事の続きを読んでどう「かしめる」のか確認してみてくださいね!

ちなみに英語では、ボールチップは“Callottes”、カシメ玉は”Crimps”といいます。

ap000310


2. ボールチップ・カシメ玉の種類

ボールチップは他のビーズワークの材料と同様、色・素材・大きさの種類があります。

色はゴールド、シルバー、金古美、白銀、銅など。材質はメッキが主流ですが、ゴールドフィルド、ステンレス製、チタン製のものもあります。

経年劣化防止や金属アレルギー対策のためか、ひと昔前と比べると種類が豊富になりました。

カシメ玉も同じように色の種類があります。形や大きさは丸小ビーズにそっくりです。

同じ色のカシメ玉と丸小ビーズを並べてみました。

ビーズとつぶし玉

かなり似ていますが、よく見ると厚みや光沢が違いますね。カシメ玉は金属製です。

間違えてビーズと一緒に片づけてしまうことがあるのでご注意ください(筆者は本当にやったことがあります 笑)

15 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。