【ハンドメイドの基礎知識】 U字カン・U字金具の使い方



U字カン・U字金具の使い方

8 (2)

このページではU字カン・U字金具の使い方や種類、U字カン・U字金具を使った作品などを紹介しています。

1.U字カン・U字金具とは

U字カン・U字金具は、ワイヤーテグス・糸を使った作品でボールチップやつぶし玉を使う代わりに使用します。

ap000963_1

こんな形をしています。アルファベットの「U」に見えることからU字カン・U字金具と呼ばれています。

ネックレスやブレスレットの作成時、ボールチップ&つぶし玉の方が端処理としては有名ですが
U字カン・U字金具は実はとっても簡単に使うことができる優秀な材料です。

2.U字カン・U字金具の種類など

U字カン・U字金具は他のハンドメイドパーツと同様に、ゴールド、シルバー、金古美、ホワイトシルバーなど様々なカラーがあります。

ap000964_1

用途や一緒に使用するチャーム、パーツによってカラーを変えて使いましょう。

3.U字カン・U字金具はこんな風に使います!

ネックレスやブレスレットを作るときにチェーンではなく
ワイヤーや糸・テグスなどを使った場合の端処理で使います。

1.
PB300139 (2)
用意するものは
●ワイヤー
●U字金具
●つぶし玉
●ビーズや樹脂パール、天然石などメインの素材

2.
PB300140 (2)

※写真で見えやすいように金属ワイヤーを使用しています。
まずはワイヤーにつぶし玉とU字金具の片方を差し込みます。

3.
PB300141 (2)
ワイヤーをU字金具の溝に沿って回し、
反対側へ差し込むと同時につぶし玉にも差し込みます。

4.
PB300145 (2)
このときにワイヤーがつぶし玉の部分で交差せず
並行になるようにします。

5.
PB300142 (2)
このようにワイヤーが交差していると
切れやすくなってしまうので注意です。

6.
PB300144 (2)
ワイヤーを平行にしたままつぶし玉をボールチップの方へ近づけ
平ヤットコなどで潰します。

7.
1 (2)
このようにすると、U字カンが固定されます。

8.
2 (2)
次に使いたいパーツをワイヤーへ通していきます。
この時、余分なワイヤーはカットします。
残すワイヤーはビーズで約3.4個~1-2㎝で十分です。

4.最後の端処理の方法

1.
4 (2)
作りたい長さまでビーズや素材をワイヤーに通したら
最初と同様、つぶし玉、U字金具、の順番でワイヤーを通します。

2.
5 (2)
再びワイヤーがU字カンの溝を通るようにして
反対側とボールチップに通します。

3.
7 (2)
ワイヤーを通した素材を戻るようにして
再び素材に通します。

4.
3 (2)
ビーズで約3.4個~1-2㎝くらい素材に戻したら
余分なワイヤーをカットしはみ出ないように素材の中にしまいます。

5.
8 (2)
これで両端の完成です!

6.
PB300826 (2)
カニカンやアジャスターを取り付けてブレスレットの出来上がりです。

5.U字金具の代用品は?

ワイヤー、糸、テグスの端処理では
ボールチップ&つぶし玉のセットで代用が可能です。

ボールチップ
ap000307 つぶし玉
ap002739

24 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。