比べてみた!押し花の作り方!色鮮やかで簡単な方法は!?【ハンドメイド無料レシピ】 押し花 作り方

お庭や道端に咲く、可愛くて綺麗なお花たち。

花瓶に飾ってお部屋を明るくするのも素敵ですが、趣向を変えてみたい方におすすめなのがドライフラワーや押し花です。

最近は、レジン作品やネイルに使われることも増え、人気が高まっている押し花。

以前の記事でドライフラワーの染色方法や手順を紹介していますが、ここでは人気が高まっている押し花の手順をご紹介します。

一言で押し花と言ってもたくさんの方法がありますので、お手軽で失敗しにくい初心者さんにおすすめの方法を3つご紹介しますね。



押し花に適している花材

押し花と聞いて一番イメージしやすいのは、辞書などのページ数が多い本に挟むやり方ではないでしょうか?

押し花は、挟んで乾燥させれば完成するものと思われがちですが、実は、簡単で綺麗に仕上がる花材があるのです。

失敗すると、押し花がパリッと仕上がらなかったり、茶色く変色したりして綺麗に仕上がりません。

押し花に適している花材なポイントを押さえておけば、初心者さんでも失敗せずに押し花作りを楽しめます。

押し花に適している花材のポイント

● 花びらが薄く、水分量が少ない花材
● 花びら同士があまり重なり合っていない花材
● 大き過ぎない花材

特に押し花初心者さんは、以上のポイントを抑えた花材でチャレンジすると、失敗しにくくなりますよ♪

具体的には……

● ビオラやパンジーなどのスミレ科
● かすみ草
● ポピー
● コスモス
● シバザクラ
● ハーブ類

が押し花に適している花材と言えます。

逆に上級者向けの花材は、バラやチューリップなど花びらに凹凸があり、花びらが立体的になっている花材となります。

昔は、押し花=本に挟んで作るやり方でしたが、最近は手軽に早く仕上がるやり方がたくさんあります。

続いて、身近なグッズで簡単に出来る押し花の方法をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。