レジンアート レジンと手描きデザインを重ねて紡ぐアート作品 帯留やレジンアクセサリーの作り方 アレンジ


UVレジンと手描きを層に重ねるレジンアート作品の作り方


立体的に描き込まれた幻想的な景色。 思わず手に取って、角度を変えて覗き込みたくなるような…。 小さな作品の中に、どこまでも世界が広がっているような…。
そんな作品を気軽に作りたいかたへ。
UVレジンと手描きを10層前後に描き重ねて製作している製作方法をご紹介いたします♪

●必要なもの

・UVレジンとUV照射ランプ
・ベースにするもの(型など)
・画材(アクリル絵の具、パステル等)
・爪楊枝、針、綿棒
・指サック
・デジタルスケール

※あると便利なもの
・箔(奥行きと輝きを増す材料として)
・耐震粘着マット(モチーフ固定用)と木切れ、ブロック等(土台用)

それでは、ひとつひとつご紹介します。

・UVレジン液とUV照射ライト


照射ライトはハンディタイプの物がお勧めです。
モチーフを持ち上げて移動させる必要が無いこと、照射角度や距離、時間を細やかに調整可能なことが理由です。
(ハンディタイプは微調整が効き便利ですが、ライトを直視すること、皮膚に長時間照射することのないよう気を付けてください。)

・ベースにするもの(型など)


直径2~5㎝以内の物であれば市販のミール皿や枠などのベースでも構いませんが、かなり厚みのある作品に仕上がるため、UVレジンの特性上、製作後にも反りが生じてベースの金属型から剥がれてしまうことがあります。
そのため市販のモールド等にUVレジン液を流し込んで固めたものを土台にしていただくことをお勧めします。
慣れれば少し大きめな作品も作ることができますが、始めのうちは直径3センチ前後の作品が作りやすいと思います。

(ちなみに画像のように、シリコンモールドを手作りして作成するのもおすすめです。
Amazonなどでシリコンモールド材料は入手可能です。)

・画材(アクリル絵の具、パステル等)


筆は質の良い面相筆を使うことで細やかな描写が可能となります。
京都の香雪軒さんの「祇園」という筆を愛用しています。


パステルは綿棒を使って乗せます。


※上記は香雪軒さんのアイテムではございません。

・針・爪楊枝、綿棒、指サック、デジタルスケール


・針・爪楊枝
UVレジン液を伸ばしたり気泡を取り除く道具として、爪楊枝か針など先の細いものがあると良いでしょう。

・綿棒
パステルの着色やラメを乗せる際に、あると便利です。

・指サック
レジン液を素手で触れると手荒れやアレルギーの原因となります。ビニール手袋でも構いませんが、使い捨て指サックがお勧めです。

・デジタルスケール
必須ではありませんが0.01g単位のデジタルスケールがあると便利です。

※あると便利なもの

・箔


アクセサリー金具を隠す必要が無い場合には不要かもしれませんし、箔の替わりに裏面からアクリル絵の具などで着色して土台の色付けを方法でも構いません。
ただ、箔を裏面に貼ることで一層の奥行き感を表現できますのでお勧めです。 

・耐震粘着マットと土台


小さなモチーフを持ち上げて作業することが多い工法です。
モチーフを直接手で持って作業するのは大変ですので、つまみやすい土台(木切れやブロックなど)と、土台とモチーフを固定するものとして耐震粘着マットがあると便利です。

●作り方(描き方)

1.

今回の説明で使うベースは直径3㎝の丸いモールドです。


丸みのある面に銀箔を貼りたいので、そちらを上面にして土台の木切れに耐震粘着マットで固定します。

2

まずは箔を貼り付けるために、一層レジンをかぶせます。
乗せるレジン液の量は直径3センチの円形で0.30g程度。
これ以上少ないとムラができますし、多いと型から液がこぼれ落ちてしまいます。


気泡をひとつひとつ丁寧に針などの先で取り除きながら、丁寧に型の淵までレジン液を伸ばします。


モチーフを動かさずにハンディタイプのUVランプで照射します。

【ポイント】
このとき、レジンが固まりきるほんの数秒手前で貼ることが最大のポイントです。
固まりきってからですと、箔が定着しません

照射ランプによりますが、目安は1分弱程度です。


箔は薄くて扱いにくいので、モチーフを持ち上げて箔に押し付けるようにすると上手に貼ることができます。


また、箔のシワの伸ばし具合で表面の絵の反射具合が大きく変わります。
好みの状態に貼るには若干練習が必要かもしれませんが、箔のシワによる色彩効果を一期一会の作品表情と捉えれば楽しみも倍増です。


箔を貼ったら保護するために同様に薄くレジン液を乗せて固め、耐震粘着マットから剥がして裏返します。
これでベース作りの完了です。

3
表面に 「レジン液を垂らしてのばしてUV照射で固めて絵を描く」
交互に10層前後に重ねていきます。


乗せるレジン液の量は1層につき直径3㎝の丸型ベースで0.30g前後。
これを守ることで8層以上に描き重ねることが可能になります。



今回ご紹介する工法では基本的に背景はパステルで着色しています。


写真のように綿棒を使って粉を置くように乗せます。
パステル着色は、箔乗せと同様にレジン液が完全に固まる数秒前に作業することがポイントです。


その後の着色は、レジン液と交互にアクリル絵の具やパステルを使い分けながら着色していきます。


レジン液は1層ごとに計り、針で気泡を取り除きながら丁寧に伸ばします。

途中、綿棒にラメを付けて乗せることもあります。

余分なラメは針の先で取り除きます。

4


ここまでで、おおよそ9層にレジン液と絵柄を重ねました。


これは作業途中のモチーフを真横から撮影した写真です。
左上が表面2層目。
左下が表面5層目。
右が表面8層目です。
たんだんとぷっくりしているのがわかりますね。

9層目まで来ると、そろそろ表面張力の限界で気を付けないとモチーフからレジン液がこぼれ落ちてしまいます。
この段階で最終仕上げとして側面のコーティング作業に入ります。


型によっては不要な作業ですが、表面と側面を綺麗につなげるために、表面に垂らした液を側面にこぼすようにしながら針で丁寧に側面全体に伸ばして固めています。
このとき、垂らすレジン液の量が少しでも多いと側面から裏面や床に余計な液が垂れてしまいますので、やはりデジタルスケールがあると便利です。


側面を綺麗にレジン液で覆えたら、こぼれ落ちないうちに急いでUV照射します。

5 完成

これでモチーフの完成です。 慣れてくれば12層程度描き重ねることも可能です。


いかがでしたでしょうか?
見る角度によって表情を変える小さな世界。
パーツを閉じこめるのとは全く異なる雰囲気のオリジナルな作品をUVレジンと手描きで作り上げることができます。


手描きならではの味わいと自由度。 UVレジンならではの工法、可能性。
ひとりでも多くの方に楽しんでいただけましたら嬉しいです♪

↓もっと作品を見たい方はこちらから↓

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★