【ハンドメイドの基礎知識】ループエンドの使い方、種類、選び方やコツ・レシピについて



ループエンドの使い方、種類、選び方やコツ・レシピについて

手提げ袋や巾着袋、リュック、水筒カバー、洋服など、
生活における多くの場面で目にするのが「ループエンド」です。

紐を抜けにくくする以外にも、
学校生活や山登りなど集団行動の際には、
デザインや色使いが目印になりますよね。

カラフルでどこか懐かしいプラスチック製のループエンドや、
金属のループエンド、装飾的なデザインのものまで様々な種類があります。

手持ちのお洋服の紐を付け替えてカスタムするときにも、
かわいいループエンドがあるといいですね。

ここでは、ループエンドの種類や基本的な使い方、他の使い方、
ループエンドの代用品などについてごしょうかいしていきます。

1.ループエンドとは

ループエンドとは、その名の通り紐の端に取り付けるパーツです。
巾着袋などの、紐で口を締めるタイプのバッグによく使われます。

通した紐は端を結んで抜けないようにしますが、
使用していると結び目に負荷がかかることが多く、
ほどける可能性があります。

そのような使用中の負荷を軽減したり、
結び目をほどけにくくするためのカバーとして、
また、持ち物の装飾や目印としてループエンドが使われます。

2.ループエンドの種類

ループエンドには様々な大きさ、形、材質のものがあります。

大きさは10mm~40mmが一般的で、
長方形だと70mmのものもあります。
紐を通す穴が大小ひとつずつあるため、
ループエンドの多くは末広がりの形をしています。

材質はプラスチックや金属で出来ていて、
プラスチック製のものは赤や黄色、青などカラフルです。

金属製のループエンドはメッキで色づけされ、
ゴールドやアンティークゴールド、シルバーなどの色があります。

・Aラインに広がった形、アンティークゴールド

(参考 紗や工房 商品番号:hm000198
ループエンド4個 シンプルベル型/金古美)

・Aラインで装飾が施されたもの

(参考 紗や工房 商品番号:hm000198
ループエンド デザインベル型/金古美)

・たる型

(参考 紗や工房 商品番号:hm000198
ループエンド4個 たる型ライン/金古美)

・筒状で装飾が施されたもの

(参考 紗や工房 商品番号:hm000198
ループエンド4個 アンティークデザイン/金古美)

・四角型でメッセージつき

(参考 紗や工房 商品番号:hm000198
ループエンド4個 LOVEロゴ/金古美)

・シルバーカラーのループエンド

3.ループエンドの使い方(基本)

ループエンドは紐を通し、紐の端に結び目を作ってループエンドに収めます。

では、実際に
洋服のフードを使ってループエンドの使い方を説明していきます。



洋服のフードの紐が取れてしまったので、新しく付け直します。



【用意するもの】
・新しい紐
・紐通し
・ループエンド

~やり方~

1.

紐通しに紐を取り付けます。

2.

抜けないように長めに取り付けておくといいです。

3.

紐通しの、紐の付いていない方から通し穴へ入れていきます。

4.

反対側の穴から出します。

5.

引っ張りすぎて紐が抜けないように気をつけながら、


紐通しを外します。

6.

ループエンドの小さいほうの穴から紐を通していきます。

7.

紐の端をしっかり結びます。

8.

同様に、もう片方も紐を通して結び目を作ります。

9.

結び目のすぐ下をハサミでカットします。


10.

結び目をループエンドの中へ収めて、出来上がりです。

完成!!!

洋服のフードに紐が付きました!

とっても簡単なので、
お洋服や持ち物の紐やループエンドを好きなものに交換して、
カスタムしてみるのもいいですね。

4.ループエンドの使い方(応用)

ループエンドは末広がりの形が多く、
通常の穴と大きい穴の構造になっているので、
エンドパーツのカツラのように使うことが出来ますね。


金属製のオシャレなループエンドを使ってタッセルを作っていきます。


【用意するもの】
・ハサミ
・ボンド
・スエードコード
・厚紙
・ループエンド

~やり方~

1.

厚紙にスエードコードを巻きつけます。

2.

厚紙からスエードコードを外し、別に用意したスエードコードで真ん中を結びます。

3.
画像28
結び目がほどけないように、ボンドをつけます。

4.

紐で結んだところで半分に折ります。

5.

ここで、先に金具を取り付けておきます。ヤットコと9ピンを用意します。

6.

結んだスエードコードに9ピンを通します。

7.

ヤットコを使ってピンを端から丸めていきます。

8.

スエードコードに9ピンが取り付けられました。

9.

ループエンドの大きい穴のほうから9ピンを通します。

10.

スエードコードの端が輪になったままなので、
ハサミでカットします。一番短いものに長さをあわせるとキレイです。

完成!!!

ループエンドを使ったタッセルが出来ました。

ループエンドは様々な材質やデザインのものが沢山販売されているので、
オシャレで可愛いループエンドを見つけたら、アクセサリー作りなどに活用してみてください。

5.ループエンドの代用品

ループエンドが手元に無いときは、
穴の大きいビーズや紐ストッパーなどで代用することが出来ますよ。

・穴の大きなビーズ


・紐ストッパー


使い方はループエンドと同じです。
穴の大きなビーズにワックスコードを通して、端を結んで余分なコードをカットします。
ビーズをいくつか重ねてつけてもいいですね。

結び目がほどけないか心配なときは、ボンドで固めてしまいましょう。

~やり方~

1.

ビーズとワックスコードの結び目を少し離します。

2.

結び目にボンドをつけます。

3.

ビーズを結び目にくっつけて、ボンドが乾けば出来上がりです。

沢山種類があるループエンドを使って持ち物を可愛く仕上げたり、
好きなビーズを使って自分だけのオリジナルループエンドを作ってもいいですね。

ループエンドとして使う以外にも、
アクセサリーやチャーム作りのパーツとして活用することが出来るので、
ショップや売り場をチェックしてお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。