【ハンドメイド基礎知識】プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類

プラ板って聞いたことありますか?

プラ板は、プラスチックの板に絵を描いてオーブントースターなどであたためて縮めるものです。

昔も流行っていた遊びのひとつで、現在もその手軽な面白さのためプラ板工作が流行っています。

ファッションと一緒で、流行が戻ってきているようです。現在のプラ板はひと昔前とは少し違っていますよ。

20160102-2

そのほかのプラ板記事もご紹介♪

実際の作り方やかわいいデザインも豊富にご紹介しています!

曇りガラス風のプラ板を作ろう!

不透明(フロスト)タイプ ⇒ 
【ハンドメイド無料レシピ】ヤスリ要らず!簡単!すりガラス(曇りガラス)風プラバンでアクセサリーを作ろう♪


レトロや北欧風デザインによく合います!
白プラ板(不透明:白)タイプ ⇒
 
白プラ板で作るアクセサリー♪可愛いデザイン例&4種のプラ板比べてみました!【ハンドメイド無料レシピ】

花びらなど立体的なものも作ることができますよ♪
立体プラ板 ⇒ 
【ハンドメイド無料レシピ】プラバンで立体!お花を作るときに便利なアイテム!

 

今回は、お子様とも楽しめる!アクセサリーのオリジナルチャームにもなっちゃう今大流行の簡単ハンドメイドプラバンの作成方法をご紹介します。

プラ板を使って、何ができるの?

自分の思うままのデザインのモチーフを作ることができます。大きさだって思いのまま♪

お子様だけじゃなくて、大人だって楽しく作れますよ。

作ったモチーフは、いろいろなものに変身してくれます。

キーホルダー、アクセサリーなどなど。

20160102-3
取り付ける金具次第です♪

プラ板はどんな種類があるの?

プラ板には4種類あります。
20160102-4
・透明のタイプ
・フロストタイプ
・不透明タイプ
・インクジェット印刷タイプ
それぞれ特徴があります。

・透明のタイプ
油性ペンで絵を描くか、ちぢめた後にアクリル絵の具やマニキュアでの着色がオススメです。

はんこでもOKです。シンプルなものが作りやすいです。

・フロストタイプ
透明のタイプを紙やすりでこすったものです。

あらかじめこすられたように仕上がっているものも市販されています。画材はなんでもOKです。

色えんぴつやパステルが使えるので便利です。

・不透明タイプ
透明ではなく、白いプラ板です。

基本的には透明タイプと使い方は同じです。背景が白なので、シンプルなものが作りやすいです。

・インクジェット印刷タイプ
プリンターを使って好きな画像や写真を印刷して使います。複雑なデザインでも対応できます。

プラ板は、厚みにも種類があります。厚さが0.4mmあると、はさみで切りにくくなります。

薄いほうが扱いやすいですが、簡単に裂けてしまいますので注意が必要です。

【Point!】
20160102-1

プラ板は焼くと1/4~1/6にちぢみます。

画像では透明タイプ、フロストタイプ(裏から着色)、不透明タイプのプラバンにはんこを押して作りました。

どんな感じがお好みですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。