ドリームキャッチャーでいい夢を♪ドリームキャッチャーの作り方【ハンドメイド無料レシピ】 ドリームキャッチャー 作り方

ドリームキャッチャーとは何かご存知でしょうか。

ドリームキャッチャーは円形のものにヒモなどをぐるぐると巻いて、その中にクモの巣状のものを作った装飾品です。

幸運のお守りや魔よけともいわれるドリームキャッチャー。

自分で作れば、色も大きさもデザインも自由自在です♪

自分好みのドリームキャッチャーを作ってみませんか?

こちらでは、ドリームキャッチャーの作り方をご紹介していきます!



■ドリームキャッチャーとは?

ドリームキャッチャーはアメリカインディアンのオジブワ族に伝わるもので、ベッドの上にかけておくことで、寝ているこどもを悪い夢から守る魔よけとされる装飾品です。

悪い夢は網目にひっかかり、いい夢は網目を通って人の元にくると言われています。

“悪夢は網目に引っかかったまま夜明けと共に消え去り、良い夢だけが網目の中央にある穴を通って羽を伝わって降りてきて眠っている人のもとに入る”ということです。

クモの巣状の網目はキャッチャーネットと言われ、夢のフィルター代わりを、ドリームキャッチャーに使われている羽は、いい夢を運ぶための役目をしてくれますよ。

円形のものが一般的ではありますが、しずく型(ティアドロップ型)のドリームキャッチャーもあります。

■ドリームキャッチャーを作ろう!

◇用意するもの

・円形状のもの
・円形状のものに巻くためのヒモ
・クモの巣状の網目をつくるためのヒモ 2m程度
・飾りに使うためのヒモ
・飾りになるもの(ビーズ、羽、タッセルなど)
・はさみ
・クリップや洗濯ばさみ
・接着剤(革やスエード、リボンを使う場合は、結ぶより接着剤でとめた方がいいです)

◎円形のものについて

円形状のかばんの持ち手、刺繍枠の内側、ワイヤーを好みの大きさに円形にしたもの、カードリングや2重リングなどを素材として使うことができます。 円形があまり小さいものを使う場合、はじめは作りにくいので、大き目のものから始めるといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。