100均のレースでアンティークレースを作ろう!紅茶染めの方法&ブレスレットレシピ【ハンドメイド基礎知識】


100均のレースでアンティークレースを作ろう!紅茶染めの方法&ブレスレットレシピ【ハンドメイド基礎知識】

100均のレースでアンティークレースを作ろう!
紅茶染めの方法&ブレスレットレシピ

乙女心をくすぐる「アンティークレース」て、ずっと眺めても飽きないし、本当に素敵ですよね♪

でも、アンティークレースと聞くと、ちょっとお高いイメージが・・・

たしかに、年代が古くなればなるほど、アンティークレースは、値打ちが付いてきます。

 

そもそもアンティークレースって?

こちらのレースもかなり古いアンティークレースです。

一般に出回っているアンティークレースは、大体1900年代初頭から1950年代くらいまでのものだと思われます。

中には1800年代のもありますが、かなり高価になってきます。

国は、フランス、ベルギーの物が多いですが、他にドイツ、イギリス、アメリカ、旧ソ連時代の物も出ていることもあります。

*本来は、100年以上前の物を「アンティーク」となりますが、1950年以前でも「アンティークレース」となって出ていますので「アンティークレース」とさせていただきます。

では、現代レースと何か違うのでしょうか?

 

100均のレースをアンティークレースと比べてみよう!」

今や色んなものが揃う100均!!かわいいレースも売られています。

もちろん手芸屋さんへ行くと新品の現代レースがたくさんありますが、100均で扱うレースも負けていません!

けっこうクオリティーが高いのです!!
まずは、こちらのレースを用意しました。

そこで・・・クイズ!!

この画像のレースの中にアンティークレースが混じっています。

Q.どれがアンティークレースでしょうか?

A.一番上と2番目が、アンティークレースです!

3番目からが現代レースした。

こちらは、一番上から順に

1. アンティークレース
2. 100均レース
3. アンティークレース
4. メーター30レース
5. 100均レース

 

違いはほとんどわからないですね!
でもアンティークレースの独特な雰囲気は、長年培ったものが作りあげているので、現代レースにはありません。

アンティークレースは長年による劣化やシミなどにより、色が変色して出来上がる風合いが、逆に素敵な雰囲気を作りあげているのです。

ですが、アンティークの風合いは素敵だけど、やっぱりシミや劣化が気になるわ・・・
と悩むことも・・・。

そこで、100均レースを「紅茶染め」してアンティーク風に仕上げてみましょう!!

紅茶染めの方法

 

◆必要なもの

・白いレース・・・ 現代レースなど100均のレースなど
(もちろん白い生地やアンティークレースでも染まります!)

・紅茶(Tパックのもの)
・ビニール手袋
・割り箸
・熱湯60℃くらい

・染めるための容器(ボール、洗面器など)

・バッド

染め方

1. 55~60℃くらいの熱湯をボールに注ぎ、紅茶Tパックを3パックほど入れます。

*もう少し色を濃くしたい場合4~5パックでも大丈夫です。

 

2.

染めたいレースを入れます。
※今回は、熱湯は約3,25リットル入れています。

【注意】
※ヤケドには十分気をつけてくださいね。
※お紅茶のとても良い香りがします。お子様が誤飲しないよう、離れた場所に保管してください。

3.

レースを入れて、割り箸で紅茶が染まるように、混ぜます。
そして、このままつけ置きます。

・・・が、様子を見てまだまだいけそうでしたら(笑)

Tパックをもう2パック追加してレースや布など、もっと入れちゃいましょう♪

「スープと麺追加!」みたいな感じになってます(笑)

4.

しばらくレースを付け置きます。大体1時間~2時間位
*布の質によってかなり早く染まるのもあれば、なかなか染まらないのもあります

布に合わせて、時間を変えてください。

時々染まり具合を時々見てくださいね♬数十分で良い感じになってきています♪

5.

時間がきたら、ビニール手袋でレースを取り出し絞ります。

6.

バッドに並べてしばらく干します。
丸一日ですが、季節によって2日かかることもあります。

7.

乾いたら「アンティーク風」レースの出来上がりです!
綺麗なブラウンピンクに仕上がりました!!

最初は白かったレースがアンティーク風になりました♪

100均レースがアンティーク風に仕上がったところで、レースそのまま生かしたブレスに仕上げましょう♪

 

アンティークレースのブレスレットを作ろう!

◆必要なもの

・はさみ

・木工用ボンド

・ものさし

工具

・ニッパ、丸ヤットコ、ヤットコ2本

・先ほど染めたレース45種類選んでください。

・アジャスター

・カニカン

・丸ワ2個

・リボン留め金具

 

◆作り方

1.

まずは、先ほど染めたレースをカットいたします。
今回は、15cmカットしましたが。腕のサイズに合わせてカットしてください。

<計り方>手首に巻いた長さより2cm(金具の長さ)短くしてカットしてください。

 

2.

レースの重ねる順番を決め、レースの端を合わせていきます。
ずれないように!

<ポイント>一番下に生地が厚い物、太い物にして、一番上に薄い物、細いものを重ねるとキレイですよ♬

 

3.

飛び出た糸などもカットします。

4.

合わせた端をヤットコで押さえていきます。金具がはまりやすくするためです。

5.

押さえたら端にボンドを少しだけ塗り、端を止めます。

6.

レースの端に金具を挟み、指で金具を閉じます。

7.

金具に傷がつかないように、あて布してヤットコで軽く押さえていきます。

8.

止め金具を取り付けたら出来上がりです!!

アンティーク感のある素敵なブレスレットができました♪

*アジャスターは、バランスを見て長すぎたらカットして、調整してみてください。

腕につけるとこんな感じです!
紅茶染めしたお色が、肌になじみますね♪

着け心地も良くて、レースの生地が、優しく腕を包んでくれます☆

夏の季節のファッションにピッタリですよ!!

 

アレンジを楽しもう!

ビーズをデコレーション!

ブレスが作れたら、ガラスビーズなど様々なビーズをアジャスターに付けると、またレースの雰囲気がかわります♪

ビーズの付け方

適量に、ガラスビーズなど種類の違うビーズやパールを4個程用意して、Tピンにビーズを通し、丸ヤットコでTピンを丸く曲げて、アジャスターの先にバランス良くぶら下げます。

【ポイント】少なめに(さりげなく)ぶら下げるのがポイント!
ビーズを多くぶら下げると、重みで垂れ下がってしまいます。

 

色んな種類のレースを使おう!

・アンティークレースだけで作ったレースブレス


アンティークに合わせて、ビーズの色もシックに。

・白い現代レースで作ったレース

トルコブルーのビーズでインパクト付けてみました。

・アンティークレース、現代レースや100均のレースで作ったレースブレス

金具をゴールドにして、敢えてビーズは付けずシンプルに。

 

100均のレースも一手間加えるとアンティークのような仕上がりにすることができます!

「紅茶染め」は、レース以外の生地でも出来ますので、覚えておくと便利ですよ♫

また、染めたレースを使って、そのままレースを生かしたブレスを作ると

簡単で色んなアレンジも楽しめます♪

色んなレースを使ってブレスを作ってみてくださいね♪

 

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★