指先ブーケ!かぎ編みで花束を作ろう♪花や葉の編み方!初心者さんも見ながらできちゃう♪【ハンドメイド基礎知識】


指先ブーケ!かぎ編みで花束を作ろう♪花や葉の編み方!初心者さんも見ながらできちゃう♪

指先ブーケ!かぎ編みで花束を作ろう♪花や葉の編み方!初心者さんも見ながらできちゃう♪

かぎ編み初心者でも比較的チャレンジしやすいのが、お花のモチーフです。
これまでも、お花をモチーフにしたアクセサリーをいくつかご紹介してきました。

お花って、簡単に編めるのでつい沢山作っちゃうけど、作ったモチーフを何にするのかは悩みますよね…。

そんなお花のモチーフを、ブーケにしたら可愛いと思いませんか?

そこで今回は、お花と葉っぱを数本編んで、ブーケにする方法をご紹介します♪

ガクや茎もワイヤーを使ってしっかりと作り込んでいくので、リアリティのある仕上がりになりますよ。

レース糸で手のひらサイズに編むので、小瓶に挿して飾っても可愛いですし、ブローチなどにアレンジするのもオススメです。
ちょっとしたギフトにもぴったりですよ♪

では、用意するものから順にご紹介していきますね。

 

▼レース編みで作るお花のピアスもご紹介しています!

 

用意するもの

・糸 今回は100円ショップで売っている20番のレース糸を使いました。

・とじ針

・かぎ針 今回はレース針の6号を使用しました。

・はさみ

・メジャー  ワイヤーの長さを測ります。

・ペンチ  ワイヤーを閉じます。

・フェルト  ガクの土台になります。

・ワイヤー  茎の芯になります。今回は24番の緑色を使いました。

・布切り用のハサミ  ブーケを包むための生地を切ります。

・手芸用ボンド  ワイヤーに糸を巻きつける際に使用します。

・目打ち  フェルトに穴を開けます。

どれも100円ショップで手に入りますよ♪

 

・お好みの生地

・お好みの紐

ブーケを包むのに使用します。

 

作り方

大まかな作り方をご説明します♪

まず、花とガクを編みます。
次に、ワイヤーに糸を巻きつけて茎を作ります。
そして、ワイヤーに葉を編みつけていきます。
これをお好みの本数作り、最後に束ねて包み、ブーケにします。

では、詳しい作り方をご説明していきますね!

<花の編み方>

1.

まず、花の中心部分から編んでいきます。

輪の作り目で編み始めます。
立ち上がりの鎖を編んでから、細編みを6目編みます。

2.

輪を引き締めます。
最初の細編みに引き抜いたら、2段目に進みます。

3.

4.

全部で12目になりました。

5.

3段目は、引き抜き編みで編み進めていきます。
この時、2段目の頭目の2本を拾いながら編んでくださいね♪

4段目からは花びらを編んでいくので、糸を変えます。

6.

2目を編んで、2段目の細編みに引き抜き編みをします。
4段目はこれを繰り返して編み進めていきます。

 

引き抜き編みをするときは、2段目の頭目の向こう側の1本を拾ってくださいね。
最後は矢印の目に引き抜きます。

 

6.

続いて5段目を編みます。

1目編んでから、先ほどの鎖編み2目に花びらを編み入れていきます。

 

7. 

花びらは、

  • 細編み1
  • 鎖編み1
  • 長編み3
  • 鎖編み1
  • 細編み1

の順で編み入れます。

これをあと5回繰り返して、花びらが全部で6枚になるように編みます。

 

8.

花びらが6枚編めたら最初の目に引き抜き、6段目に進みます。

 

9.

鎖編み2目で立ち上がり、裏返して矢印の目に引き抜きます。
この目は、4段目を編んだ時に拾った目と同じです。

続けて鎖編み4目を編み、4段目と同じ目に引き抜き編み。
これを繰り返して編んでいきます。

10.

続いて7段目です。
1目で立ち上がったら、前段の鎖4目に花びらを編み入れていきます。

花びらは、

  • 細編み1
  • 鎖編み1
  • 長編み5
  • 鎖編み1
  • 細編み1

の順で編み入れます。

これを繰り返して花びらが全部で6枚になるように編みます。

 

11.  

6枚の花びらを編んで、最初の目に引き抜いたら花部分は完成です。
糸始末をして、手で軽く花びらの形を整えておきましょう。

<ガクの編み方>

1.

輪の作り目で編み始めます。
立ち上がりの鎖を編んだら、細編みを14目編み、最初の目に引き抜きます。

この時、作り目の輪はゆるめたままにしておいてください。

仕上げで茎を通した時に、しっかりと引き締めます。

2.

続いて2段目です。
前段の細編みに増減なしで細編みを編んでいきます。

編み終わりの糸端は、花の裏に縫い付ける時に使うので、20cmほど残しておきましょう。

 

<茎の作り方>

1.

ワイヤーを16cmにカットします。
これが茎の芯になります。

2.

ガクの土台となるフェルトを丸くカットしていきます。
見えなくなるので、色は何色でも構いません。

3.

目打ちで、ワイヤーを通すための穴を開けます。

4.

フェルトの穴にワイヤーを通し、3.5cmほどの長さのところで折り曲げます。
続いてワイヤーの下の部分も折り曲げます。

5.

ワイヤーに糸を巻きつけて茎を作っていきます。
まず、下の折り曲げた部分に数回巻きつけます。

6.

ボンドでしっかり固定しながら巻きつけます。

7.

ワイヤーの隙間をペンチでしっかり閉じ、糸端を切ります。
そのままぐるぐると、フェルトの際まで巻きつけていきます。

8.

茎が完成しました♪

 

<花・茎の仕上げ>

1.

フェルト部分にボンドをつけて、花の裏に貼り付けます。

2.

ガクの中央に茎を通し、ゆるめたままだった作り目の輪を、ここでしっかりと引き締めます。

 

3.

残しておいた糸端にとじ針を通し、花の裏側に縫い付けていきます。

4.

完成です!

正面から見るとこんな感じ♪

続いて葉っぱの編み方を説明します♪

 

<葉の編み方>

1.  ワイヤーを16.5cmにカットし、4cmのところで折り曲げます。

2.

折り曲げたところから、葉を編んでいきます。

3.

細編みを10目、ワイヤーに編み入れます。

 

4.

編み地を返し、10目編んだ細編みに、

  • 鎖編み3目、長編み3
  • 長々編み2
  • 長々編み1
  • 長々編み1
  • 長々編み1
  • 長編み1
  • 長編み1
  • 中長編み1
  • 細編み1
  • 細編み2

の順で編み入れていきます。

5.

もう一度編み地を返し、同じ細編みに、

  • 細編み1
  • 細編み1
  • 中長編み1目
  • 長編み1
  • 長編み1
  • 長々編み1
  • 長々編み1
  • 長々編み1
  • 長々編み2
  • 長編み3目、鎖編み3

の順で編み入れます。

最初の目に引き抜いたら、糸始末をします。

 

6.

下のワイヤーを折り曲げます。

7.

折り曲げたワイヤーの間から、ボンドをつけながら糸を巻きつけていきます。

8.

葉の際まで巻きつけたら完成です♪

先ほど編んだ花と合わせると、こんな感じです♪
このまま花瓶に挿して飾っても、十分可愛いです。

ブーケにする場合は、花と葉をお好みの本数で編み足します。
この時、茎の長さはバラつきがあった方が可愛いです。

ワイヤーの長さは16cmを基準に、プラスマイナス1cmほどで編むのがオススメです。

<仕上げ>

1.

花と葉を数本編んだら、束ねてブーケにしていきます。
今回はちょっとしたアレンジとして、お花の真ん中にペップを束にしてつけてみました♪

2.

ブーケを包む生地をカットしておきます。

 

3.

花を束ね麻ひもで結び、糸端を短くカットします。
見えなくなるので、どんな紐でも構いませんよ。

4.

先ほどカットした生地で、ブーケを包んでいきます。

5.

お好きな紐で根元を結び、形を整えたら完成です!

◆アレンジ

一輪挿しにすると、また雰囲気が変わります。

いろんな花や葉を編んでみよう!

今回ご紹介した編み方以外にも、いろいろな花や葉の編み方があります。
ぜひ、お好きなモチーフで編んで、いろんな組み合わせを試してみてくださいね♪

◆関連記事

 

かぎ編みを使った作品をご紹介しています♪

▼かぎ編みとレース編みの違い!レース編みで作るお花のピアス♪編み方解説

▼かぎ編みで編む簡単コースター!鎖編みと細編みをマスター! 編み方&編み図

かぎ編みでアクセサリーを作ろう!かぎ針編みの編み方やモチーフをご紹介

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★