ハーバリウムの作り方・材料・コツ!100均材料やオイルでお手軽ハーバリウム!アクセサリーにも!【ハンドメイドの基礎知識】


ハーバリウムの作り方・材料・コツ!100均材料やオイルでお手軽ハーバリウム!アクセサリーにも!【ハンドメイドの基礎知識】

ハーバリウムの作り方・材料・コツ!100均材料やオイルでお手軽ハーバリウム!アクセサリーにも!【ハンドメイドの基礎知識】

お花をいけるより手軽なのに、飾るだけで一気に華やかになるハーバリウム。
インテリアの一部としてジワジワと人気になっていますよね。

今回は、そんなハーバリウムを手軽に作る作り方をご紹介します。す。

 

ハーバリウムとは?

そもそもハーバリウムとは、植物標本のことだそうです。

最近人気のハーバリウムは、ドライフラワーやドライフルーツなどを専用のオイルと共に瓶に入れて保存する方法のことを言います。

オイルの中で漂うドライフラワーやドライフルーツたちは、光に照らされるとキラキラと美しく輝き、癒やしのインテリア小物になりますよね。

ハーバリウムは、専用のオイルに漬けることにより、みずみずしい状態を保ちながら鑑賞出来、お手入れ不要なのに約一年も綺麗な状態を持続させることが可能なのだそうです。(中の花材は紫外線に弱いので、環境によっては劣化スピードに差がでるみたいです。)

自分でも作ってみたいけど、難しそう……そう思われる方もおられるかもしれませんが、ドライフラワーやドライフルーツなど、飾りたい素材と入れ物、オイルがあればオッケー!

材料が揃えば、入れ物に好きなように入れて飾るだけなので、意外と簡単に作れちゃうんですよ〜♡

・ハーバリウムで使えるオイルの種類

ハーバリウムで使えるオイルは、ミネラルオイルシリコンオイルの2種類。

ミネラルオイルは、価格も安く気軽に使えるオイル。マイナス10度で濁り始めるので、寒冷地にお住まいの方には適しません。

不純物が入っていない無添加のベビーオイルでも代用可能です。

シリコンオイルは、ミネラルオイルより価格は高いけれど、油性または脂溶性のインクが色落ちしにくいオイル。(ただし、シリコンアレルギーの方にはおすすめ出来ません。)ミネラルオイルよりもオイル自体が艷やかで透明感を感じます。

手軽に始めたい方はミネラルオイルで、本格的なハーバリウムを作りたい方はシリコンオイルで、と好みに合わせてオイルの種類を選ぶことで自分好みの素敵な作品作りが出来そうですね。

・ハーバリウムに使う材料

続いて、ハーバリウムで使う材料はどんなものがあるか、ご紹介します。

ハーバリウムで使う材料には

  • 空き容器
  • オイル(または、精製水)
  • 花材(ドライフラワーやアーティシャルフラワーなど)
  • パールやラメなどの飾り
  • 飾り用リボン(なくてもOK)

があります。

最近は、インテリアでハーバリウムが人気になっていることもあり、100均でも材料を揃えることが出来るようになりました。

さすがに100均ではドライフラワーやアーティシャルフラワーなどは購入出来ませんが、実は造花でも代用可能なんです!

お好みのテイストに合わせて花材をチョイスして、オンリーワンのハーバリウム作りを楽しんでくださいね☆

今回は、100均で購入出来るハーバリウム専用オイルで作るハーバリウムの作り方をご紹介します。

100均材料+αで作るハーバリウムの作り方

用意するもの◆

  • ハーバリウム専用オイル 適量
  • 空き容器 1個
  • ドライフラワー 適量
  • パール、クリスタルガラスなど 適量
  • リボン 適量

◆作り方◆

1.

空き容器にお好みの花材を好きなように入れていきましょう。

2.

ハーバリウム専用オイルを空き容器の中に静かに流し入れ、蓋を閉めましょう。

《ポイント》どんなに静かに流し入れても、写真のようにボトル上部に気泡がたくさん出来てしまいます。

それを解消するため、このまま蓋を閉めず、半日から1日くらい放置しましょう。すると……

あんなにたくさん出来ていた気泡が1つ残らずなくなります。

3.

仕上げに蓋にリボンを結んだら完成です!

たった3ステップで完成だなんて、簡単過ぎて作ってみて驚きました。

リボン部分にタグやチャームなどを一緒に飾ると、お店に並ぶハーバリウムに見劣りしないかもしれませんね♡

ちなみに、秋の夜長には、ハーバリウムの下にLEDライトを仕込んでライトアップしたものも自然光とはまた違った雰囲気になり、おすすめです。

 

アレンジ編~アクセサリーとしても楽しいハーバリウム!~

モールドにレジンを入れてお好きなラメやホロフレークで装飾します。
画像はラメとシェルフレークを使用しています。

続いて、ハーバリウムを使ったアレンジ作品をご紹介します。
インテリアだけでなく、なんとアクセサリーや文房具などにもアレンジ可能なんですよ〜♡

持ち歩くアイテムに、ちょっとアレンジしたら出来るので、お出かけやお仕事中にも、ハーバリウムを楽しめちゃいますね。

 

ゆらゆらハーバリウムノンホールピアスの作り方

★用意するもの★

  • ガラスドーム 1組
  • ガラスドームキャップ 1組
  • ノンホールピアス金具 1組
  • 丸カン 2個
  • ハーバリウム専用オイル 適量
  • ドライフラワー 適量
  • パール、クリスタルガラスなど 適量
  • クラフト用注入器(ミニスポイト)

 

 

★作り方★

1.

ガラスドームにお好みでドライフラワーやパールなどを指先で入れていきましょう。(1ペア分作りましょう。)

《ポイント》細かなクリスタルガラスなどが指先で入れにくい場合、ピンセットを使うとより作業しやすくなります。

2.

クラフト用注入器を使って、ガラスドームの中にハーバリウム専用オイルを流し入れましょう。

【ワンポイントアドバイス】
ちなみに、クラフト用注入器を使わずに流し入れようとしましたが、ガラスドームの口が意外と小さいため、うまく入ってくれませんでした。
オイルが溢れる可能性もあるので、下に皿や紙などを敷いておくと安心です。
また、指先にオイルが付きやすいので濡れティッシュを近くに置いておくと次の作業にかかりやすいです。

3.

ガラスドームキャップにレジン液を入れ、ガラスドームに被せましょう。そして、そのままレジン硬化させていきましょう。

【ポイント】ガラスドームが転がらないように、ガラスドームが入るリング状のビーズの上に乗せておくと、レジン硬化する間中手で持たず放置しておいてもオッケーです。

4.

ガラスドームキャップに丸カン、ピアス金具を通し、閉じたら完成です!

お好みでリボンやチャームなどを付けても可愛くなりそうですね♡

このままでも十分可愛らしいですが、光に当たると幻想的に揺らめいてより可愛い作品です♡

ガラスドームキャップにはたくさんの形があるので、キャップを変えるだけでも表情が違って楽しいですよ♪

また、ガラスドームの下にタッセルキャップをグルーガンやボンドでくっつけるとアイスクリームみたいなチャームに変身します。

アイディア次第で、ガラスドームのいろいろな表情を楽しめちゃいますね。

ゆらゆらハーバリウムノンホールピアスの作り方

★用意するもの★

  • ガラスドーム 1個
  • ドライフラワー 適量
  • パールやクリスタルガラスなど 適量
  • スペンサー 2個
  • ボールペン
  • デコボンド 適量
  • クラフト用注入器

 

★作り方★

1.ガラスドームにお好みのドライフラワーやパール、クリスタルガラスなどを入れていきましょう。

2.

クラフト用注入器を使い、専用のオイルを流し入れましょう。

オイルを入れた後、ラメやホログラムを入れるとキラキラドームの中を漂って幻想的な作品に仕上がります♪

3.

ボールペンの先にデコボンド→ヨーロピアンビーズ→デコボンドを付け、ガラスドームの口に合わせましょう。

デコボンドが乾燥するまで、穴が大きめのビーズにガラスドームを置き、その上にボールペンを立て掛けて固定し、レジン硬化させます。
(写真のように壁などを利用してボールペンを立て掛けて固定すると、ガラスドームの中のオイルが溢れずにボンドを乾燥させることが出来ます。)

4.

ボンドが乾燥したら完成です!

 

クリスマスにもピッタリ♪スノードーム風ハーバリウム

★用意するもの★

  • 電球型容器 1個
  • ハーバリウム専用オイル 適量
  • ミニオブジェ 適量
  • ラメ、ホログラムなど 適量

 

★作り方★

1. ミニオブジェの裏にボンドを付け、空き容器の中に入れていきましょう。

2.

ボンドが乾燥したら、専用のオイルを入れ、

その上からラメやホログラムなどを入れましょう。

3.

キャップを閉め、キャップ周りにリボンやチャームなどを飾ったら完成です!

容器の口が広いものを使うと、よりスノードームよりのハーバリウムになりますね。

スノードームは、ハーバリウム専用オイルではなく、洗濯のりと精製水を混ぜたもので浸すとゆっくりラメやホログラムが落ちるようになるそうです。

スノードームを作る場合、ドライフラワーを入れると花材が色落ちしたり浸している水が変色したりするので、ドライフラワーは入れないようにしましょう。(造花は問題ないみたいです。)

ハーバリウムの作り方をご紹介しましたがいかがでしたか?

鑑賞するイメージのハーバリウムですが、ちょっと工夫するだけでアクセサリーにも小物使いにもアレンジ可能!

自分好みにアレンジしたハーバリウムで、手軽に癒やしタイムを楽しんでくださいね。

 

《参考アイテム》

(紗や工房 商品番号 ap002434)
穴なしパール5sizeセット/ラウンド・全球/約550個前後

(紗や工房 商品番号 nl000010)
ラメグリッター 15色セット

(紗や工房 商品番号 ap002836)
タテ芯穴付樹脂ノンホールピアス

 

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★