つまみ細工の作り方、種類、必要なもの!コツ・レシピについて【ハンドメイドの基礎知識】

日本伝統工芸の1つ、つまみ細工。その「和」の豪華さや鮮やかさにはあこがれますね。

一見敷居の高そうなつまみ細工ですが、少し根気はいるものの、思ったよりも簡単な作業で出来上がるので、ハンドメイド初心者にはおすすめなのです。



今回は日本伝統工芸の一つで今注目されてきているつまみ細工の種類、作り方やテクニックなどをご紹介していきます。

つまみ細工とは

つまみ細工は江戸時代から伝わる日本の工芸で、布を正方形に切り取ってから折り畳み、組み合わせによって様々な形をつくる技法です。

つまみ細工を始める為に必要な用具や資材もシンプルで小型・比較的安価です。

生地としては高価なちりめんですが、最近はお細工用にカット済みの物やリボン状になったものも市販されています。

伝統的な手法や形式にこだわらずに、つまみ細工を日常生活の中で気軽に楽しみたいですね。

プロの職人さんの用いる伝統的な手法がありますが、ハンドメイドとして楽しむにはどれが正しい作り方なのか迷ってしまいます。

形式にこだわらずに自分に一番合った作り方をマスターされるのがいいと思います。

ここでは、少ない分量で接着力の強い工作用ボンドを用いて、手の汚れもほとんどない作り方をご紹介していきます。

花びら1枚つまむごとに上手になっていきます。

一輪のお花が作れるようになったら、イアリング、ペンダント、キーホルダー、ヘアピン、ブローチ、バレッタ、つるし飾りなどなど、活用の幅も広がります。

まずは、最初のひとつから!一緒に作ってみましょう!

その他のつまみ細工をご紹介している記事

 ▼つまみ細工を使った、お花のブローチの作り方をご紹介しています!

ハロウィンなどの季節のイベントと和小物を組み合わせるのもかわいいですよね!

丸つまみの作り方

2013012302
「丸つまみ」とは花びらの先が丸くなっているつまみ細工です。

基本の丸つまみの作り方は、次の記事をご覧ください。

同じ丸つまみでも工程の最後のつまみ方次第で出来上がるお花の表情が色々と変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。