【ハンドメイドの基礎知識】くるみボタンの種類、使い方やコツ・レシピについて

クルミボタン(つつみボタンやカバーボタン)って耳にするけど、なんだろう・・・。どうやって作るの?

そう感じる方も多いですね。

実物は見てわかっていても、実際に作ってみないとやっぱりわからないものです。

今回はハンドメイドアクセサリーの製作に使う金具のひとつ「クルミボタン」について、くるみボタンの作り方とくるみボタンを使ったアレンジ方法、種類や用途、使い方等をご紹介していきたいと思います。



1.くるみボタンとは・・・

3

くるみボタンは、金属や木製のボタンの表面を布や皮革、編み地などで包んだ(くるんだ)ボタンのことです。

つつみボタンやカバーボタンとも呼ばれています。

布地にししゅうをしたりビーズやレースなどでデコレーションができ、オリジナル感あふれるボタンができます。

使う布の種類によっては、子供用から大人用と幅広くアレンジできちゃう優れものです。是非使い方を覚えてくださいね。

くるみボタンを作るにあたって用意する材料はコレ!

4
・くるみボタンのボタン上部パーツと下部パーツ(100円ショップでも手に入ります)
・お気に入りの布
・接着剤
これだけ!です。お手軽で簡単に作れちゃいますね。

くるみボタンの製作キットには、接着剤でとめるタイプとはめ込むタイプがあります。

5
↑接着剤でとめるタイプ

6
↑はめ込むタイプ

購入するものによって、接着剤は使用しません。

くるみボタン製作キットを購入する際に確認してくださいね。

【Point!】
生地はデニム地やキャンバス地などの厚手の生地ですと上手くくるめないので、薄手の生地をオススメします。

あまり薄すぎてもくるみボタンの地が透けてしまうので、その場合には無地の生地を重ねてみてくださいね。

柄は細かく小さいものをオススメします。大きい柄はボタンの表面に入りきらなくなります。

余っている少しのハギレで作れるのがPointです♪ハギレの消費に一役買ってくれます。

ハンカチや着なくなった洋服などでも十分です。

8 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。