簡単おしゃれ♪ビーズリングの作り方☆~中級編~


意外と簡単!ビーズリングで手元からおしゃれに♪~中級編~【ハンドメイドの基礎知識】

今年流行アイテム☆ビーズリングの作り方!~中級編~

前回の基本編に引き続き、今回も今期トレンドのビーズリングの作り方をご紹介します。
今回はちょっとレベルアップした中級編です!
中級編ではお花のリングとビーズ一粒が主役になるリングをご紹介します。
ひと工程ずつじっくり編んでみてくださいね。


◯花かんむりのビーズリングの作り方

1.用意するもの

◆ビーズ

花びら用(左)と中心用(右)の2種類をご用意ください。


今回は全てシードビーズの丸小サイズを使いますが、他の種類のビーズを混ぜてもOKです。
ただし花を作るビーズの大きさは揃えておきましょう。
(例えば「花びらが丸大ビーズなら花の中心も丸大または丸大サイズのもの」というようにします。)
使うビーズによって出来上がりも変わるのでいろいろ試してみてください♪

◆テグス

1つのビーズに最高4回テグスを通す箇所があるのでそれができる太さのテグスをご用意ください。
今回は2号テグスを用意しました。

◆接着剤

仕上げの時に結び目を固定し、強度を上げるために使いますが必ずしも必須ではありません。
使用する場合は瞬間接着剤は避け、乾くと透明になるものをお選びください。

その他、はさみをご用意ください。

2.作り方

➀最初の花を作ります。

テグスを80cmくらい用意します。
テグスに花びら用のビーズを5個通します。

新しい花びら用のビーズ1個でテグスを交差させて引き締めます。

続いて花の中心用のビーズ1個でテグスを交差させて引き締めます。

向かい側の矢印で指しているビーズでテグスを交差させて引き締めます。

※この時、捻れてしまわないように気をつけてください。
これで1つ目のお花ができました。

➁2つ目の花を作ります。

花びら用のビーズ1個でテグスを交差させます。

左右のテグスにそれぞれ2個ずつ通し、さらに新しい1個でテグスを交差させます。

花の中心用のビーズでテグスを交差させ、最初に交差させたビーズ(矢印で指しているビーズ)で交差させるようにテグスを通します。

さらに図の矢印のようにテグスを進めて2個目のお花が完成です。

➂3つ目以降の花を作ります。

3つ目以降は工程②の繰り返しです。
必要な分だけ花を編んでいきます。
ある程度編んだらサイズの調整をします。
サイズを合わせるときは指輪をつけたい指の一番太いところ(第二関節)に巻きつけて調節します。

※花かんむりの指輪は花のサイズ分でしか大きさを増減できないので、サイズ調整が少々難しい点があります。


しかし、指輪全体が少しだけ伸びるので「ぴったりまであとちょっとだけど、花をもう一個編むとぶかぶかになりすぎる。」という場合はそこでストップしてもOKです! この場合少しだけ締め付け感のある仕上がりとなり、フィット感のあるデザインとなります。

➃仕上げをします。

必要な長さ分だけ編めたら、最初の花とつなげて輪にします。
最初の花の矢印で指しているビーズに輪が捻れないように注意して片方のテグスだけを通します。
そのまま固結びをします。


結び目の隣のビーズにテグスをそれぞれ通します。


結び目に爪楊枝を使ってほんの少しだけ接着材をつけます。

全ての工程を終えたら完成です!

◯一粒ビーズリングの作り方

大きめのビーズを丸小ビーズで縁取りをしたビーズリングです。

◆ビーズ

主役となるビーズ1個とリングの本体となるビーズを準備します。
写真のものはチェコメロンビーズの8mmと丸小ビーズなります。

◆テグス

2号テグスを使用しました。

◆接着剤

仕上げの時に適宜ご使用ください。

その他、はさみをご用意ください。

2.作り方

➀ビーズの縁取りをします。

50cmくらいに切ったテグスに丸小を8個通し、チェコビースで交差させます。

この時、片方のテグスが10cmくらい長くなるように引き締めます。

長い方のテグスに丸小を8個通し、図のようにテグスをチェコビーズに通します。

長い方のテグスを矢印の通りに進めます。

丸小を1個拾い、再び矢印の通りにテグスを進めます。


続いて休めていた短い方のテグスを移動させます。
先ほど長いテグスが通った方向とは反対周りになるようにテグスを移動させます。
※この時、足した1個の丸小にはテグスを通しません。

図のように向き合う形でテグスが出あったら、新しい丸小1個でテグスを交差させます。

これで縁取りは完成です。


ポイント
*ここで使う丸小ビーズの数は主役のビーズ(今回ではチェコビーズ)の大きさで変わります。
ぜひ大きさを変えて、自分好みのデザインを作ってみましょう!

➁本体を編み、サイズの調整をします

左右のテグスに1個ずつ丸小をとり、新しい丸小1個で交差させます。

この交差編みを必要な長さまで繰り返し編んでいきます。
ある程度編んだらつけたい指の一番太い部分(第二関節)に当ててサイズを調節します。

足りなければ編み足し、余ればほどきます。
画像の通り、「あとひと編み」のところがちょうど良いサイズです。


ポイント
サイズを確認する際に、本来指輪をつける位置でサイズ確認をしてしまうと、 完成後着ける際にきつくなってしまうので要注意です!

➂仕上げをします

サイズ調節ができたら片方のテグスのみ丸小を1個拾います。

指輪本体がねじれないように注意しながら!行程➀で縁取りをした時に後から足した丸小(矢印で指しているビーズ)にテグスを通します。

ここは少し通しにくいので爪先でビーズを押し上げながら通してください。
続いて丸小を1個拾って固結びします。

結び目のすぐ横のビーズ1個にテグスを通し、接着剤を少量つけて(なくてもOKです)軽く引っ張り結び目を隠します。

近くのビーズを3〜4個通ってから余分なテグスを切ったら完成です!


いかがでしたでしょうか?

 

今回は前回に引き続きレベルアップしたビーズリングを2種類お届けしました。
初級編と比べて編み方が複雑だったり、編む数が増えたりと手を動かす量は増えますが、1つ1つ順を追えばきっと出来上がりますのでぜひトライしてみてくださいね。
手先がキラキラ輝いていると、それだけで気分も明るくなりますよね!
ハンドメイドなら尚更愛情が入っている分、大切な時間と作品を有することができるのではないのでしょうか。

次回はいよいよ上級編です!
ビーズステッチで作るリングをご紹介します。

是非、ビーズ用の針と糸の御準備を~^^♪

 

前回の基本編はコチラ♪

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★