【完全版】ビーズ編みでハートモチーフ ちいさくてぷっくりしたハートのビーズ編みの仕方


テグスで編む小さなシンプルハートモチーフの編み方 ビーズ編みのテクニックをご紹介♪ 読めばわかる!わかりやすい画像付き!

もうすぐ女の子の祭典・バレンタインがやってきますね。

今回と次回の2回にわたってビーズで編む2種類のハートの編み方をご紹介します。

街にはチョコが溢れ、甘い物好きの筆者は自分用に美味しいチョコを求めてお店を回るのが毎年の恒例行事となっています。
この時期は1年で最もハートを目にする時期でもありますよね。
ビーズで編んだハートをプレゼントに添えてみるのはどうでしょう☆

第1回目でご紹介するのはシンプルでスタンダードなハート

表を編んだ後に裏を編むことで立体的なふっくらとしたハートを編むことができます。

【準備するもの】

・ビーズ

何のビーズを使っても編めるのでお好きなものをご準備ください。
写真は丸小です。

 

・テグス

2号がちょうど良いです。今回は40cmの長さでご用意ください。

 

・丸カン

作ったモチーフをアクセサリーに使用する場合はご準備ください。
丸小、丸大のビーズには0.7mm×7mmの丸カンがちょうど良いです。
大きなビーズには大きな丸カンをご用意ください。

 

【作る前の下準備】

① テグスの準備

テグスの巻きグセを取っておきます。
巻きグセの取り方はこちらの記事の中程をご覧ください

② 丸カンの下準備(モチーフに丸カンをつける場合)


買ってきた丸カンは写真の上のようにだいたい半開きのことが多いかと思います。
そのためやっとこを使ってきちんと閉じておきます。

 

【小さなハートモチーフの作り方】

① まず表側を編みます。

今回は見やすいように丸大ビーズを各工程ごとに色を変えていますが、実際に作るときは同じ色で編んでくださいね。

(1)

まずビーズを4個通します。
端の1個でテグスを交差させます。

【アレンジポイント】
*モチーフに丸カンをつける場合

出来上がったモチーフは小さくビーズの間が詰まっているので作っている途中で丸カンを編み込んでいきます。

写真の位置につけたい場合はこの工程(1)で編み込んでおきます。


やり方はビーズ4個に加えて丸カンを通し、端の1個でテグスを交差させて写真のようにします。
この後の工程は丸カンがない時と同じになりますが、工程(10)工程(18)が少し異なるのでそこでまたご説明します。

(2)

続けて左右のテグスにそれぞれビーズを1個通し、新しい1個でテグスを交差させます。

(3)

片方のテグスだけにビーズを2個通し、新しいテグスで交差させます。

(4)

工程(3)の最後で交差したテグスのうち、矢印で指しているビーズ(上部画像)に近い方のテグスを(上の写真の左側のテグス)ビーズに通します。


反対のテグスにビーズを一個通し、さらに新しいビーズでテグスを交差させます。

(5)

次も工程(4)と同じように矢印で指している(上部画像)ビーズを拾います。


反対のテグスにビーズを一個通し、さらに新しいビーズでテグスを交差させます。

(6)

外側に飛び出している方の(上の写真の上に伸びているテグス)にビーズを1個通し、新しいビーズでテグスを交差させます。

(7)

矢印で指している(上部画像)ビーズを近い方のテグス(上の写真の下に伸びているテグス)で拾います。


反対側のテグスにビーズを通し、新しいビーズでテグスを交差させます。

(8)

(モチーフを上下逆転させました。)
左右のテグスにそれぞれビーズを1個通し、新しい1個でテグスを交差させます。

(9)

モチーフの外側に飛び出しているテグス(上の写真の右に伸びるテグス)だけにビーズを2個通し、新しいビーズで交差させます。

(10)

矢印で指しているビーズにモチーフに近い方のテグス(上の写真の左側に伸びるテグス)通します。


続けて新しいビーズで交差させます。

これで表側の完成です。
このとき少し両端が反る場合がありますが、全く問題ありません。

 

*丸カンを編み入れている場合

丸カンを編み入れているときは丸カンの位置に気をつけて編みます。

矢印のビーズを拾う際に丸カンを外に出しておきます。


このように丸カンを巻き込んで2箇所以上モチーフに入らないように気をつけてくださいね!


この状態が正解です。

② 続いて裏側を編みます。



裏側を編むときは表で編んだビーズを拾って編んでいきます。
今回はわかりやすいように拾うビーズだけ色を変えたものを使って編んでいきます。
色は今まで編んできたものと対応させているのでそちらも参考にしてくださいね。

(11)

矢印で指しているビーズを近い方のテグス(写真上の右に伸びているテグス)で拾います。


もう片方のテグスにビーズを1個通し、新しいビーズでテグスを交差させます。

(12)

同様に矢印で指している2個のビーズを拾い、新しいビーズでテグスを交差させます。
以下、矢印の指すビーズを拾ってさらにビーズを加えて交差するが続きます。

(13)

ビーズを拾っていない方のテグスにビーズを1個通し、新しいビーズでテグスを交差させます。

(14)

1個拾って交差。
ここは追加するビーズはありません。

(15)

ビーズを拾っていない方のテグスにビーズを1個通し、新しいビーズでテグスを交差させます。

(16)

2個拾って交差。(追加なし)

(17)

2個拾って交差。


これでハートの形は出来上がりました。
今の状態ですと中心がパカパカと開いているのでここを閉じていきます。

(18)

左右それぞれのテグスを矢印で指しているビーズに通します。


ここで固結びをします。

*丸カンを編み入れている場合

丸カンを編み入れる場合はここで丸カンを巻き込みながら閉じていきます。
写真上の上に伸びるテグスを丸カン→ビーズの順番に通し、テグスが出会うところで固結びにします。

(19)
糸処理をします。

工程(18)で通ったビーズを編み戻って余分なテグスをはさみで切ります。
これでハートモチーフの完成です!


丸小・丸大で作ると大きさはこのくらいです。
画像でみるよりも本物はぷっくりと立体的でとても可愛いですよ♪

【カラーバリエーション】


このハートモチーフは何色で作っても可愛いですよ♪

 

【アクセサリーへの加工】

丸カンをつけて編むと基本的に何にでも使えます。
上級編としてV字に曲げた9ピンを編み込みと両脇にチェーンなどをつなげることもできます。


最後閉じるとき(工程18)にピアス金具やノンホールピアスを埋め込むのもオススメです!

 

【まとめ】

ハートモチーフはバレンタインのみならず一年中使えるモチーフなので一度覚えてしまうと色々と使えて便利ですよ♪
是非作って見てくださいね!
次回は「オープンハート」の作り方をご紹介します。

どうぞお楽しみに!


ちょっとチラ見せ♪

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★