ビーズで作るお花モチーフの作り方!【ハンドメイドの基礎知識】


ビーズで作るお花モチーフの作り方!【ハンドメイドの基礎知識】

意外と簡単!ビーズでお花モチーフの作り方!

ビーズで作られたお花モチーフでオリジナルのアクセサリーを作りませんか?
初心者の方でも作れるレシピを今回はご紹介します。
休日のゆったりした時間にお試ししてみてはいかがでしょうか。
では早速見ていきましょう~!

 


1.用意するもの

ビーズ

花びらとなるビーズです。
チェコファイヤポリッシュ縦穴タイプのしずく型ビーズナツメ型のビーズハート型のチェコビーズが今回の花モチーフには適しています。
その中でも色が豊富なチェコファイヤポリッシュがオススメです。

 

丸っこいビーズだと可愛らしく、細めのビーズだとシャープに仕上がります。
またビーズの形状により花びらの数が5個だったり6個だったりと変わってくるので、並べてみて自然な形になる個数を準備してください。

今回は5mmのチェコファイヤポリッシュを5個使ってモチーフの作り方を説明していきます。

丸小ビーズ

花の中心になる分とふちどりに使う分の2種類必要となります。
ふちどりに使うビーズの色は花びら部分で選んだ色と同系色でご用意ください。
選ぶトーンでふちどりの強弱を付けられるので色々な組み合わせで試してみてくださいね。

ビーズ針とビーディングスレッド

今回のモチーフは作業が細かいのでテグスで作るには不向きです。
そのため、ビーズ針とビーディングスレッドを使用して作ります。

*名前が長いのでここから先はビーディングスレッドのことを「糸」、ビーズ針のことを「針」として記していきます。

2.作る前の下準備

糸をボビンから80cm切り出します。

ワンポイントアドバイス
ボビンから取り出した糸の巻きグセが強い場合は20cmずつくらい左右の手で持ち、軽く引っ張って巻きグセをとりましょう。

あまりに引っ張ると糸の強度が下がったり最悪の場合は切れたりするので1箇所あたり1回引っ張るくらいで十分です。

きれいに真っ直ぐならなくてもゆるいウェーブがかかってるくらいであれば問題ありません。

針に通して1本どりで編んでいきます。

3.作り方

(1)花の中心を作ります

針で花の中心になる丸小ビーズを5個(花びらとなるビーズが6個の場合は6個)拾い、
糸端を20cm残して拾った全てのビーズに針をもう一度通します。

ここで一度糸を固結びして花の中心を形作ります。

結んだ隣の丸小ビーズに針を入れたら花の中心の完成です。

(2)花びらを編んでいきます

針でチェコビーズとふちどり用の丸小ビーズを1個ずつ拾います。

そのままもう一度チェコビーズのみに丸小ビーズ側から針を入れます。

花の中心に寄せて糸を引き締めます。

矢印で指す花の中心になっている丸小ビーズ1個に針を入れます。

これで1つ目の花びらができました。

同じ要領で2つ目以降の花びらも作っていきます。

5つ全てできたら花びらの完成です。

(3)1つ目の花びらをふちどっていきます。

ワンポイントアドバイス
*縁取っていく際は糸が緩みやすいのでしっかりと押さえながら編んでいってくださいね。

丸小ビーズを6個拾います。

矢印で指している、工程(2)で花びらを作る時に使った丸小ビーズに針を入れます。

続いて丸小ビーズを5個拾います。

矢印で指している丸小ビーズ(最初に拾った6個のビーズのうち、一番端のもの)に針を通します。
これで1つ目の花びらのふちどりができました。

(4)2つ目の花びらをふちどっていきます。

丸小ビーズを6個拾います。

矢印で指している、工程(2)で花びらを作る時に使った丸小ビーズに針を入れます。

丸小ビーズを3個拾います。

ひとつ前にふちどった丸小ビーズのうち、青い矢印で指している2個のビーズに針を入れます。

続いて矢印の指すビーズ(6個の丸小ビーズを拾った時に一番最初に拾ったビーズ)に針を通します。
これで2つ目の花びらをふちどることができました。

同様にして3つ目と4つ目の花びらもふちどっていきます。

(5)5つ目の花びらをふちどります。

丸小ビーズを1個拾います。

1つ目の花びらをふちどっているビーズの矢印で指している2個に針を入れます。

この時、編み始めに残しておいた糸端は裏の中心から手前に出しておきます。

丸小ビーズを3個拾います。

5枚目の花びらを作る時に使った丸小に針を入れます。

再び丸小ビーズを3個拾います。

画像を参考に2個の丸小に針を入れます。

続いて最初に拾った丸小ビーズを1個(矢印の指すビーズ)に針を入れます。
(記載の番号は花びらを縁取った順番です)

これで全ての花びらを縁取る事ができました。

(6)仕上げます

ふちどった丸小ビーズでできる中心の5個のビーズに1周針を通します。

両方の糸を使って固結びをしたらお花の出来上がりです!

ワンポイントアドバイス
すぐに糸を切るか切らないかは何に加工するかで変わるのでここでは残しておきます。

アレンジ

Tピンをつける場合

モチーフを何かにつなぐ時はTピンを使います。

まず、作り終えた時に残った糸は結び目近くの丸小ビーズを数個通ってから糸を切ります。

花びらを縁取るときに重なる丸小(写真の場合、ピンを通している3個の丸小)に細めのTピン(線径が0.6mm以下)を通します。
この時Tピンを通す丸小は糸処理の時に糸を通さなかった部分を選ぶといいです。
そのほうがTピンを通した時のビーズへの負担が少ないからです。

無理やり通すとビーズが割れてしまうので決して無理はしないこと!

Tピンを通したら後はいつも通りに処理してください。

何かに編みつける場合

例えばシャワー台に編みつけるときや、作った土台に編みつける(縫い付ける)ときは残った糸をそのまま使ってください
糸が足りない場合は糸を継ぎ足してください。

アレンジ作品集

イヤリング(ピアス)

シャワー台に残った編み付けます。

ブレスレット

Tピンは2箇所に通します。 花びらが5枚の場合は波のように、花びらが6枚の場合は真っ直ぐに仕上がります。 花モチーフだけでも、写真のようにパールなどを間に挟んでも素敵に仕上がります。

バレッタ

あらかじめシードビーズで土台を作っておき、そこに花モチーフを編み付けます。
それからバレッタ土台に固定をします。

ブローチピン

シャワー台の付いている物であればその部分に、
写真のようにない場合はピンの丸まっている部分に編み付けます。


 

今回は、ビーズを使って初心者の方でも手軽にお花モチーフができるレシピをお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

基本となる花びらに何のビーズを選ぶか縁取るビーズを何色にするかで出来上がりの印象が違ってくるので色合わせも一緒に楽しみながら作ってみてください。
出来上がるモチーフはサイズが大きめなので存在感のあるモチーフとして活用できますよ。

お花の大きさを生かしてぜひオリジナルの作品にチャレンジしてみてください♪

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★