バンダナスタイ 直線縫いだけでOK!Wガーゼで作るバンダナ風スタイの作り方【ハンドメイドの基礎知識】初心者向け


バンダナスタイ 直線縫いだけでOK!Wガーゼで作るバンダナ風スタイの作り方

バンダナスタイ 直線縫いだけでOK!Wガーゼで作るバンダナ風スタイの作り方

赤ちゃんに何か手作りしたいけれど、裁縫は苦手だから…と裁縫自体に億劫になりがちな裁縫初心者のママさんも多いのではないでしょうか?
でも、意外に始めてみると手軽に出来て楽しいんですよ〜♪

そこでここでは、裁縫初心者さんにおすすめしたい、直線縫いだけで出来ちゃう
「Wガーゼで作るスタイ(よだれかけ)」の作り方をご紹介します。

今回はWガーゼのスタイの作り方をご紹介しますが、以前ガーゼマスクについてご紹介しています。

ガーゼについての紹介も合わせてしてありますので参考にしてみてくださいね。
【ハンドメイド無料レシピ】簡単♪手づくり平面ガーゼマスクの作り方

 

スタイの種類について

一言にスタイと言っても、スタイの形や生地などいろいろな種類がありますよね。
たくさんの種類があるのは、月齢や用途によってスタイの種類や生地を変えた方が使いやすいからだそうです。
また、スタイはいつまで?と疑問を持っているママさんたちもいるようです。
赤ちゃんにとってスタイが必要な時期はいつからなのか、用途別に使いやすいスタイをご紹介します。

スタイの必要な時期

1. 吐き戻し対策(新生児期)
新生児期は母乳の吐き戻しが多いため、デリケートな赤ちゃんのお肌に優しい生地がおすすめです。ガーゼ生地や柔らかいタオル生地がおすすめです。

2. 歯の生え始める頃(生後3ヶ月頃〜)
この頃は歯の生え始めでよだれが増えるために、洋服によだれが浸透するのを防ぐためにスタイを使います。
洋服を着替えるより、スタイを取り換えた方が簡単ですし、荷物もかさばらず便利です。
よだれが多く出るので、厚手のガーゼ生地のものがおすすめです。
こまめに取り換えてよだれかぶれにならないように気を付けてあげたいですね。

3. 首が座り始める頃(生後5ヶ月頃〜)
この頃は、手にするものをすべて口の中に入れて確認したがります。
スタイも口に入れることが多くなります。スタイの大きさや素材に気を付けてあげたいですね。
汚れることを考慮して、ガーゼなど洗濯しやすい素材・乾きやすいものがおすすめです。

4. 離乳食時期(生後6ヶ月頃〜)
この時期はよだれも一段と多くなってきますが、離乳賞の食べこぼしも多くなります。
汚れをこまめに拭ける大判のものや厚手のガーゼ生地などがおすすめです。
また、お出かけもしやすくなる頃にもなるので、ファッション性のあるものにもチャレンジしても良いですね♪

赤ちゃんが使うスタイは、歯が生えてくる頃、よだれが多くなる時期に洋服によだれが浸透したり、母乳の吐き戻しなどで汚れたりするのを防ぐもの。
最近は、よだれが浸透するのを防ぐだけでなく、首元の防寒も兼ねており、おしゃれアイテムとしても注目されています。
スタイの形や生地の種類もたくさんあるので、期待する効果によって複数枚用意してあげても良いですね♪

使う用途によっては、形や必要枚数が異なるスタイですが、複数枚買うとなると金額的にも負担がかかりますよね…
でも、ハンドメイドなら好きな生地で自分好みの形に仕上げることも出来ちゃいます♪
複数枚の使い分けもしやすいので、お財布にも赤ちゃんにも優しく出来ますね。

初心者さんにも作りやすい直線縫いだけで完成するバンダナ風スタイの作り方をご紹介します。

では、まず基本のバンダナ風スタイの作り方からご紹介します。

Wガーゼで作るバンダナ風スタイの作り方

■用意するもの■



・ガーゼ生地(25×25cm) 2枚
・アップリケなど飾り(お好みで用意してください。なくてもOK)
・プラスチックナップ 1組

【道具】
・目打ち
・ハサミ
・針と糸

■作り方■

1.

生地を25×25センチで2枚裁断します。
(別の生地でも同じ生地でもオッケー♪お好みの生地合わせで用意してください。)

2.

裁断した2枚の生地を、柄同士が合わさるように重ねます。
その生地の端から0.5〜1センチのところを、ぐるっと一周するように縫っていきます。
残り5センチくらいを残して、返し縫いをします。

3.

糸の始末をしたあと、縫い残した部分から、中の生地を引っ張り出すようにしてひっくり返します。


返し口を縫い合わせます。

4.


対角線上になるように2カ所を目打ちを使って穴を開けます。
【ポイント】目打ちでしっかりと穴を開けましょう。穴が小さすぎると、プラスチックナップがうまく留められません。

5.


穴を開けた個所にプラスチックナップを留めます。(オスとメスをしっかりと確認しましょう。)

6.


お好みでアップリケやポケットなどの飾りを付けて完成です。
(飾りが無くてもOKな人はこの工程は不要です)

アレンジを楽しもう!

女の子用~ガーリーアレンジ~

バンダナ風タイプなので男の子向けのデザインになりがちですが、ハンカチ代わりにも使えるので男女兼用にできちゃいます♪
でもやっぱり女の子には、かわいらしいデザインにしてあげたいですよね!
そんな時のおすすめアレンジをご紹介します。

その1.角を丸くしてみよう!

ガーリー風、最大のアレンジポイントは4つある角の1カ所だけでもOKなので丸く縫うこと!

1カ所だけでも丸くステッチするだけで、その角を見せるように付ければ十分に可愛いスタイになります♪
お好みで4つの角全部でも良し、対角線上にポイント使いで丸角にしても良しです。

その2.可愛い素材を使おう!



生地と生地の間に見本写真のようにレースを挟んで縫えばよりガーリーなスタイになります!
明るい色の生地を使ったり、飾りにリボン、レースなど可愛らしい素材を合わせたり、角を丸くしたりするとガーリーテイストに仕上がりますよ♡
ぜひ試してみてくださいね!

■参考アイテム■


プラスチックスナップボタン(T-3)30組(10mm/黒)

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★