流行のポニーフックでレジンアクセを作ろう!夏デザインアイディア【ハンドメイド無料レシピ】


流行のポニーフックでレジンアクセを作ろう!夏デザインアイディア【ハンドメイド無料レシピ】

流行のポニーフックでレジンアクセを作ろう!夏デザインアイディア

ジメジメした季節がやってきましたね。
せっかくの休日も遊びに行けなかったり、洗濯物が乾かなかったり、何となくストレスになりそうな季節です()

雨で持て余してしまう休日はレジンを楽しんでみませんか?

今回は、昨年から人気のお手軽ヘアアクセサリー「ポニーフック」の作り方をご紹介します。

これからの季節は、髪の毛を束ねる事が多くなるかと思います。
自分だけのオリジナルヘアアクセサリーでおしゃれを楽しみましょう♪

髪の毛が短い方はポニーフック金具の代わりにヘアピンやUピンを使う事も可能ですよ♪

 

◆用意するもの

・使いたいチャームやホロ、ラメ、ビーズ、ブリオンなど

・ネイルシール、レジンフィルム

・好きなモチーフのシリコンモールド

・マスキングテープ

・ポニーフック金具

※今回のレシピ内の金具は平皿が付いているタイプを使っています。

 

作業に入る前に・・・おすすめの一手間!

作業に入る前にマスキングテープでペタペタしてモールド内の小さな誇りを取り除いておく事をお勧めします!

 

<ひまわりのポニーフック>

レジンシールを使って、夏らしいヒマワリのデザインを作ります!

1.

モールド全体に透明のレジン液を薄く広げて硬化します。 

2.

レジン液をモールドの半分ほど入れてお好みのホロやパーツを入れます。
画像は乱切りホロとラメを散りばめてから一度硬化して、レジン用のシールとストーンを入れています。

お好みのデザインが出来たら仮硬化をします。

 

3.

レジン液をモールドいっぱいまで入れてしっかり硬化をします。
画像はひまわりのシールを追加して入れています。

何層かに分ける事で奥行きのある作品に仕上がります。
パーツの追加がない時は2の工程の時にモールドいっぱいまでレジン液を入れてしまっても大丈夫ですよ!

モールドをひっくり返して裏面までしっかり硬化させましょう♪

 

4.

モールドが冷めたら取り出して、必要に応じて先のレシピの5の工程のように淵を削って面取り作業をします。

こちらはぷっくり作業を5回繰り返したので、かなり丸みをおびました()
お好みで調整してくださいね♪

<ポイント>

気温が高くなると、レジン液の粘度が低くなってぷっくりさせたくても、淵からレジン液が流れてしまう事があります。
レジン液を盛ってすぐに硬化をさせるスピード勝負になります。

慣れない方は作業工程は多くなりますが、少しずつ何度も硬化を繰り返せばコロンと可愛いぷっくりパーツが出来上がりますよ♪

 

5.

接着剤で金具を付けたら、金具とパーツの境目をレジンで補強します。

<ポイント>

レジンで接着も可能ですが、レジン収縮により金具が外れる可能性もあります。
プレゼントなどで自分以外の人が使う場合は接着剤の方が安心ですよ!

接着剤は金具、プラスチック、樹脂などに使える多用途の物をお勧めします。

 

金具を取り付けたら完成です♪

 

<マーブル模様のポニーフック>

着色レジンを使って涼しげな海のようなブルーのマーブルを作りましょう!

1.

モールド全体に白に着色したレジン液を薄く広げて硬化します。

 

2.

好きな色に着色したレジン液2色を画像のようにランダムに入れます。
まだ硬化はしません!

 

3.

爪楊枝やネイル用のドット棒を使ってぐるりと混ぜて好みの模様を作って硬化します。
爪楊枝を使うと画像のように細かい線が出来ます。

ドット棒を使うと少し大きめの模様になります。
お好みに合わせて混ぜる棒を変えるといいですね♪

<ポイント>
最初のひと混ぜの時に大きくざっくりしたイメージで混ぜた方が模様が出来やすいです!

 

4.

透明のレジン液をモールドいっぱいまで入れて、お好みのチャームやラメを入れて飾ります。
しっかり硬化してください。

<ポイント>

濃い色を使った時は硬化不良を防ぐために、モールドをひっくり返して裏面からも硬化をして下さいね♪

 

5.

モールドが冷めたら型からゆっくり外します。
仕上げのぷっくり作業の前に角を少し削ってあげます。(ネイル用のやすりで良いです)

料理で言う『面取り』をイメージすると分かりやすいです(笑)

このひと手間で角のないコロンと可愛い作品に仕上がります♪
もちろん、削らずにそのままぷっくりさせてもいいですよ!お好みの仕上がりにしてくださいね!

 

6.

お好みの厚さになるまでレジン液を塗って硬化を繰り返します。
この時にお好みのパーツを追加する事も出来ます♪

画像は4回ほどレジン液を盛って硬化を繰り返したものです。

<ポイント>
最後のこの作業はレジン液を「塗る」ではなく「盛る」をイメージしながらすると、綺麗にぷっくり出来るかと思います!
ぷっくりさせずにコーティングだけで済ませる時は「塗る」ですね()

金具を付けてぷっくりツヤツヤのマーブル模様のポニーフックの完成です!
この模様を応用して「べっ甲柄」も作る事が出来ますよ♪

<ポイント>

ここで金具を皿付きのヘアピンにしたり、透かしパーツを使ってUピンに取り付ける事で、髪の短い方でも楽しめるヘアアクセサリーになります♪

 

夏デザインアイディア

夏にぴったりなデザインでたくさん作っちゃいました!

 

The 夏モチーフ

モチーフを変えるだけでも雰囲気がガラリと変わります。
左は水面模様にハイビスカスを入れました。
右はトリコロール柄にしてみました。イカリチャームも添えてマリンデザイン!

どちらも夏にぴったりです♪

ハイビスカスの作品に使っている「水面模様レジン」のやり方はこちらでご紹介しています!

▼失敗しない!海塗りレジンのコツ・やり方!水面模様に挑戦しよう♪【ハンドメイド基礎知識】

</p>

 

夏らしいお花デザイン

このような花びらがリアルなお花型のモールドを使っても可愛いです♪どこかレトロな雰囲気!
右端の作品は押し花を封入しています。

 

では・・続いてヘアゴムも作りましょう♪

と、その前に!

便利ワザご紹介!

このようなレジン用の台座やミール皿がついたヘアゴムでレジンクラフトする時・・
ゴム部分が邪魔になってなかなかうまく台座を固定できなかったりします!

そんな時おすすめなのが・・

紙コップ

紙コップの底に切り込みを入れてゴム部分のみ差し込みます。

こうする事で、土台のお皿を水平に固定する事が出来ますよ♪

<ポイント>

紙コップはランプの大きさに合わせて切って高さを調整してください。
高さが低くなると、ゴムが邪魔をしてバランスを崩してしまうためマスキングテープで裏面にゴム部分をしっかり貼り付けておくと安心です♪

表はこんな感じ↓

しっかりと固定ができたら・・・
お好みの色に着色したレジン液をお皿の中全体に広げます。
画像はブルーに着色したレジン液とガラスカレットを入れています。

<ポイント>
色をはっきりさせたい場合は、お皿部分に白のマニキュアを塗って下準備をするか、白に着色したレジン液を最初に入れて硬化させてください。

マニキュアで下地を作る際は、しっかり乾燥させるために前日に下準備しておく事をお勧めします!

ガラスカレットの画像です。(こちらはネットショップで購入しました。)
画像をよく見ると分かりますが、名前の通り「ガラスの欠片」です。

ガラスカレットというと大きなものやカラフルなものが有名ですが、このような微細なガラスカレットもあるんです!
お取り扱いの際は怪我をする事もありますので、特にお子さまは充分な注意が必要です!

透明のレジン液を広げて、お好みのチャームやパーツを飾ります。
光が入ってくる海の中をイメージしたかったので、一部は着色レジンを薄めにして土台のゴールドを生かしてみました♪

パーツの配置が終わったらしっかり硬化させて完成です♪

<ポイント>
パーツが動いて固定させづらい時は、少しずつパーツを足しながら硬化してあげると良いですよ♪

今回は流行りのポニーフックの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?
モチーフや色遣いなど、アイデア次第でたくさんのデザインが可能です♪

ポニーフック金具は、お皿が付いているタイプもありますし、カンが付いたパーツをぶら下げるタイプもあります。
お好みの金具に自分だけのオリジナルパーツを付けて、ぜひ夏を楽しんでくださいね♪

◆参考アイテム◆


(紗や工房 商品番号 ap001118)
クラッシュホログラム 約0.3g ブルー


(紗や工房 商品番号 rcntg101)
Resin club(レジンクラブ) 熱帯魚


(紗や工房 商品番号 ap002352)
半球樹脂パール(3mm) 50個前後 ホワイト

ハンドメイドのアクセサリーや手芸の無料レシピを公開!初心者さんにも簡単にできちゃうハンドメイドレシピからハンドメイド上級者さん向けまで!続々更新しています。ピアスの作り方、ネックレスの作り方、ブレスレットの作り方、抱っこひもカバーの作り方など、ハンドメイドの無料レシピがたくさん詰まっています。