失敗しない!海塗りレジンのコツ・やり方!水面模様に挑戦しよう♪【ハンドメイド基礎知識】


失敗しない!海塗りレジンのコツ・やり方!水面模様に挑戦しよう♪【ハンドメイド基礎知識】

失敗しない!海塗りレジンのコツ・やり方!水面模様に挑戦しよう♪

春が来ましたね!

入学、進級と新生活の始まりで季節で忙しい日々を過ごしている方が多いかと思います。

桜前線が順調に北上しているかと思えば、急に寒くなったり、ニュースでは桜の花と雪のコラボレーションが見られたりと、天候に身体を追い付かせるのも大忙しですね。

まだ肌寒く感じる日もありますが、ちょっと夏を先取りしてみませんか?

海のモチーフは夏だけでなく、一年を通して人気でもあるので自分だけの海アクセサリーを作るのも楽しいですよ♪

南国の海を思わせる水面レジンとっても人気ですよね。

海塗りレジンとも呼ばれています。
どうやってやるんだろう?と難しそうに見えますが、以外と簡単!

水面模様のやり方は意外と単純なんです♪

今回は、初心者さんも手軽に楽しめる「水面模様の作り方・コツ・ポイント」をご紹介します!

◆用意するもの

・使いたいチャームやホロ、ラメ、ビーズ、ブリオンなど

・作りたい物の土台(ミール皿やシリコンモールド、空枠など)

・爪楊枝、マスキングテープ

・ネイル用ドット棒、待ち針(無くても大丈夫です)

 

<水面模様の作り方>

1.

まず空枠の底を作ります♪
マスキングテープをしっかり貼って全体に薄くレジン液を伸ばして硬化します。

【ポイント】
レジン液を入れる前に空枠とマスキングテープの間に隙間がないかしっかり確認をしてください!
隙間があるとレジン液が流れ出てしまいます。

2.

お好みのカラーに着色したレジン液を全体に薄く広げて硬化します。
画像はブルーとグリーンのグラデーションにしています♪

海をイメージして星の砂も少し入れてみました。(星の砂はネットやレジン用品を取り扱っている手芸店で購入できますよ)

〈ポイント〉
着色レジンを入れる前に、1の工程で底面ができたら一度マスキングテープを剥がしておく事をお勧めします!
何度も硬化を繰り返すとマスキングテープが剥がれにくくなってしまいます。

画像は一度剥がしてからマスキングテープの上に置いただけの物です。

3.

いよいよ水面模様を作りますよ♪

白に着色したレジン液を広げます。
見えにくいので、レジン液を広げる途中過程で撮影をしていますが、模様を作りたい部分全てに白色のレジン液を広げてくださいね。

まだ硬化はしないでくださいね!

4.

爪楊枝やネイル用のドット棒を使って、白いレジン液を広げた部分に透明のレジン液を1滴ずつ落としていきます。

〈ポイント〉
レジン液の粘度が高くて爪楊枝から落とすのに時間がかかる時は、透明レジン液に少しドライヤーなどをあてて温めてあげるとスムーズに作業が出来ますよ♪

透明のレジン液を入れるとこの画像のように白いレジン液を押しのけて、じんわりと広がっていきます。

これが水面模様になります♪

少し時間がかかりますが、1滴ずつお好みの模様になるまで入れましょう!

〈ポイント〉
透明レジン液を落とす際は、隣との間隔は少し明けてくださいね!

近すぎると、透明のレジン液同士が一緒になってしまって模様になりません。

5.

大きい模様を先にある程度作ってしまいます。

ここから隙間に小さい模様を作ります。

のんびり時間をかけすぎると、透明のレジン液がどんどん広がって模様が壊れてしまうので気を付けてくださいね!

お好みの模様が出来たら硬化します。

〈ポイント〉
小さい模様を作る時に爪楊枝では難しい場合は、まち針を使うと便利です♪

6.

表の水面模様の硬化が終わったら、裏面を仕上げます。

マスキングテープを剥がした後が曇っているので、レジン液を塗って透明感を出してあげましょう♪
透明のレジン液を塗ってもいいですし、表面の色をはっきり出したい時は白のレジン液を塗っても良いです。

画像は表面に使用した、グリーンに着色したレジン液を塗っています。

7.

表にお好みのネイルシールやチャームを飾ります。
最後のぷっくり作業をしたら完成です♪

キーホルダー金具や、チェーンを付けてバッグチャームにしてもかわいいです♪

お好みのアクセサリーに仕上げてくださいね!

 同じ水面模様でも、メインの色やモチーフを変えると色々なパターンが楽しめます。

 

 

アレンジしよう!応用編

シェルフレークを使ってみよう!

この画像の作品は、最初にカラーレジンではなく、シェルフレークを敷き詰めています。

カラーレジンとは一味違う雰囲気を楽しめます♪

色々な色で♪水色じゃなくてもかわいい!

こちらはサーフボードのモチーフを使用した、ネックレスとキーホルダーです。
小さな土台でも、慣れてくると水面模様が作れるようになりますよ♪

こちらはバッレッタとポニーフックです。

バレッタはメインに使う色を暖色系にしてみました。
このようにカラーを変えて自分だけのオリジナルの海を作るのも楽しいですよ♪

 今回は初心者さんにも作れる、水面模様の作り方をご紹介しました。

作品だけを見ると難しそうに見えますが、コツをつかめば色々な作品を作って楽しめます♪

今年は、いつもより長いゴールデンウィークをどう過ごそうか悩んでる方もいるのではないでしょうか?

水面模様は何度もチャレンジあるのみです()

長い連休はぜひレジンライフを楽しんでください

 

◆参考アイテム◆

(参考 紗や工房 商品番号:ap004835)
キャンディーレジン クリア

(参考 紗や工房 商品番号:ap007597)
サーフボード&亀 空枠

(参考 紗や工房 商品番号:ap001118)
クラッシュホログラム/約0.3g ブルー

(参考 紗や工房 商品番号:ap001200)
ワイヤーキーリング約10個

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★