レオパード柄レジンの作り方・コツ!秋冬人気のヒョウ柄♪やり方【ハンドメイド基礎知識】


レオパード柄レジンの作り方・コツ!秋冬人気のヒョウ柄♪やり方【ハンドメイド基礎知識】

レオパード柄レジンの作り方・コツ!
秋冬人気のヒョウ柄♪やり方

残暑の厳しい日が続いてますが、朝晩はすっかり秋の気配ですね。
日差しの強い日中でも見上げると高い空♪「秋だなぁ」と感じます。

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…

いろいろな過ごし方がありますが一緒に「レジンの秋」を過ごしてみませんか?

今回はレジンでレオパード柄を作る方法をご紹介します。

セルフネイルをされる方は得意かも知れませんね♪
初心者さんも可愛いレオパード柄を作れるコツ!必見です()

 

◆用意するもの

・好きなモチーフのシリコンモールド、空枠

・使いたいチャームやホロ、ラメ、ビーズ、ブリオンなど

・マスキングテープ

・爪楊枝またはネイル用ドット棒

UVランプ(太陽光でも可能ですが今回はあった方が便利です)

 

<空枠を使ったレオパード柄アクセサリー>

◆作り方

1.

マスキングテープで空枠の底を作ります。
隙間があるとレジン液が漏れてくる原因となります。

隙間のないようにしっかりマスキングテープを貼りつけてくださいね!

 

2.

ベースとなるカラーのレジン液を枠いっぱいに広げて硬化します。
着色料を混ぜても良いですし、カラーレジンを使っても良いです!

<ポイント>
硬化時間は長めにした方が良いです。
出来たら裏面からも硬化してあげましょう♪

ベースの色が濃すぎて硬化不良が起きて難しい場合は、先に透明レジンで薄い膜を作ってあげてからカラーレジンを使う方法もありますよ!

 

3.

ベースの硬化がしっかりと出来たのを確認して模様を入れます。
模様にしたい色に着色したレジン液をドット棒や爪楊枝を使ってランダムに置いていきます。

大きさや形はランダムの方が可愛いです!
楕円形にしてみたり、ポツンと丸く置いてみましょう♪

<ポイント>
模様のレジン液同士を置く位置が近すぎると、レジン液が流れてせっかくの小さな模様が大きな楕円になってしまう事があります(笑)

レジン液の粘度が低くて模様が壊れやすい時は、都度ライトを数秒当てて仮硬化をしながら作業すると良いですよ!

 

4.

ランダムに置いたレジン液よりも濃い色で模様を囲んで硬化します。
爪楊枝やネイル用ドット棒を使って囲みます。
画像は分かりやすいように、黒を使用しています。

<ポイント>
模様の周辺全てを囲むのではなく、画像のように適度な隙間を空けながら囲みます。
イメージとしては、ひらがなの「こ」を書くような感じです♪

線の太さを細くしたり太くしたり、ランダムにしてあげると可愛さが増しますよ♪

 

5.

柄が出来たら透明レジン液でぷっくりさせてパーツの完成です♪
好きなパーツと組み合わせてお好みのアクセサリーに仕上げてください!

画像は最後にブリオンを少し散らしてピアスに加工しています。

 

<モールドを使ったレオパード柄アクセサリー>

◆作り方

1.

作業に入る前にマスキングテープでペタペタしてモールド内の小さな誇りを取り除いておく事をお勧めします!

好きなモールドに着色したレジン液を入れて硬化します。
モールドを裏返して裏面からもしっかり硬化しましょう♪

2.

モールドから取り出して、マスキングテープやシリコンマットで動かないように固定します。
画像は作業用のジェルマットに貼り付けています。

<ポイント>
硬化後のモールドは熱くなっています。
モールドが人肌まで冷めてからパーツを取り出しましょう♪

熱いうちに取り出すとモールド破損の原因となります。

 

3.

好きな色に着色したレジン液で模様を書きます。
画像はベースをパステルピンクにしたので、模様は少し濃いめのピンクにしたものを使ってみました♪

 

4.

濃い色で模様を囲っていきます。
右側パーツの真ん中の模様のように、囲む時にハート型を意識するとハートのレオパード柄が出来ますよ♪

柄が完成したら表面がぷっくりするぐらい透明レジン液を盛って仕上げます。

 

5.

ピアス金具を付けて完成です♪
キャッチにファーを付けると一気に秋冬感が増しますね!

画像は下3分の1にシェルを敷き詰めています。
パーツ全体をレオパード柄にしても可愛いですし、このように一部だけレオパード柄を楽しむ方法もあります。

同じ形、同じデザインでもベースの色を変えると雰囲気がガラッと変わりますね

<作品例>

こちらはポニーフックです。
土台付きのポニーフック金具を使用しています。

モールドでパーツを作って、ポニーフック金具に取り付ける方法もあります

こちらは猫のモールドを使って、ヘアゴムにしました

 

今回はレジンでレオパード柄を書く方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
パット見では難しそうなレオパード柄ですがやってみると意外と自分でも書けちゃうものなんです()

カラーを変えてアレンジ次第で、可愛い物から大人っぽいシックなレオパード柄まで、可能性は無限大です

ぜひ自分だけのレオパード柄アクセサリーを作って、秋を楽しんでくださいね!

 

◆参考アイテム◆


(紗や工房 商品番号 ap004833)
【キャンディーレジン Candy Resin ハード(Hard)クリア 135g

 


(紗や工房 商品番号 pama0001)
宝石の雫 レジン着色剤 


(紗や工房 商品番号 ap004736)
シリコンモールド【正方形(25mm)クリア 1個】


(紗や工房 商品番号 ap004032)
レジン空枠【幾何学シリーズ トラピゾイド(35x25mm)1個 マットゴールド】

 

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★