【ハンドメイドの基礎知識】ヒキワとは、基本的な使い方、選び方やコツ・代用品について



ヒキワとは、基本的な使い方、選び方やコツ・代用品について

作ったネックレスやブレスレットなどのアクセサリーは、身につけるときに留め具が必要ですよね。
クラスプやカニカン、フック、マンテルなど様々な留め具がありますが、手軽でさりげなく使えるのが「ヒキワ」ではないでしょうか。

まん丸の形はどんなデザインにも合わせやすく、大きさや色の種類もいくつかあるので、目的に合った使い方が可能です。
また、ヒキワを引っかける「カン」との組み合わせで、使いやすさやデザインのアイデアが広がりますね。

ここでは、そんなヒキワについて、種類や使い方、カニカンとの違い、ヒキワの代用品などをご紹介していきますね。

今回は、そんなヒキワの基本的な使い方や他の使い方、代用品についてご紹介していきます。

1. ヒキワとは

ヒキワ(引き輪)とは、ツマミのついたリング状の金具です。
ツマミがある側の金具は2重になっていて、ツマミを動かすことで内側の金具を出し入れできます。

内側の金具を出し入れして輪っかを作ったり、隙間を作って相手のカンと繋げられるのでネックレスやブレスレットなどの留め具として使われています。
相手のカンは板カンや丸カン、アジャスターなどがあります。

・板カン

・丸カン

・アジャスター

使いやすいものやデザインなどで好きなカンを選ぶことが出来ます。

2.ヒキワの種類

どれも同じように見えるヒキワですが、大きさや色などの種類がいくつかあります。
大きさは5㎜~8㎜のものが主流で、細めの華奢なタイプなどもあり、色はシルバーやゴールド、金古美などがあります。

・シルバー

・ゴールド

材質も様々で、真鍮にメッキを施したものやシルバー925、ゴールドフィルドなどで作られています。

アレルギーのある人や、細部までこだわりたい場合にも対応できますね。

3.ヒキワの基本的な使い方

ヒキワは基本的に留め具として使用するので、他のパーツと繋げられるよう、輪っかの後ろに小さなカンが付いています。

1.

アクセサリー本体とヒキワ、板カンを用意し、平ヤットコを使って繋げていきます。

2.


丸カンにヒキワのカンを通して閉じます。

3.

反対側に板カンを同じように取り付けたら完成です。

デザインに裏表があるアクセサリーにヒキワを付ける場合、表向けて身に着けるときの利き手側にヒキワ、反対側の手にカンが来るように配置すると便利です。

ヒキワでアクセサリーを留めるときは、ツマミ部分を引いて輪っかに隙間を作り、そこにカンを通します。

ツマミから手を放すとバネの力で輪っかの状態に戻り、カンが繋がります。

1.

ツマミを引くと隙間が出来る

2.

カンを引っかけたらツマミを離します。

ネイルをしていない人は、爪でツマミを引っかけるようにするとやりやすいですよ。

4.ヒキワとカニカンの違い

ヒキワによく似た形状の留め具に「カニカン」がありますよね。共通点として、どちらもツマミが付いていて、丸っこい形をしています。

・(左)カニカン(右)ヒキワ

ストラップやチャームにも使われることが多いぶん、カニカンの方がなじみがある人もいると思います。

ヒキワはツマミを引いて輪っかに隙間を作り、カンを繋げて輪っかを戻します。

カニカンは、ツマミを倒すと内側に開くようになっていて、そこへ相手側のカンを通します。

ツマミから手を離すとバネの力で元に戻り、カンが繋がります。

・ツマミを倒すと内側に開く

カニカンの方が若干大きめの作りになっていて、ストラップなどで扱いに慣れている人も多いと思います。

さりげない印象にしたい場合はヒキワ、使い慣れたものがいい場合はカニカンにするなど、目的によって使い分けられるところがいいですね。

5.ワックスコードの代用品

ヒキワが手元になかったり、操作がしづらくて指が痛くなるから苦手、という場合にはヒキワ以外の留め具で代用することができますよ。

・カニカン

・クラスプ

・マンテル

・U字フック

・S字フック

・中折れクラスプ

上記以外にも、スナップボタンみたいにパチンと留められる「ニューホック」などがありますよ。

ヒキワが苦手な人はマンテルやU字フック、S字フックなどワンタッチ式で簡単に留まるものや、片手で留まるものに替えられます。
ネイルをしている人は、クラスプや中折れクラスプなどネイルを傷つけないものなどに替えることが出来ます。

・ローズモチーフのS字フック

ヒキワの代用品で手に入りやすいのはカニカンで、見た目も似ているので、仕上がりイメージをあまり変えたくないときなどに使えますね。

ヒキワは、さりげない丸い形がどんなデザインにも寄り添ってくれる、取り入れやすいパーツです。
素材の種類もいくつかあり、アレルギーが心配な人や細部にこだわりたい人などのニーズにも応えられますから、留め具を選ぶときはヒキワにしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。