ボンドでOK!和柄ハギレ×発泡スチロール!浴衣に可愛い和柄ボールアクセサリー!【ハンドメイド基礎知識】


和柄ハギレ×発泡スチロール!和柄ボールで浴衣に可愛い和風アクセサリーを作ろう!

和柄ハギレ×発泡スチロール!
和柄ボールで浴衣に可愛い和風アクセサリーを作ろう!

着物などの和柄って、洋物の生地とまた違った雰囲気で素敵です♫

今回は、そんな和柄のハギレを使って「和柄ボール」を作ります!!

 

 

「和柄ボール」さえあれば、色んなアイテムに使用できます☆

これからの季節、お祭りなどで浴衣着たときに、ヘアーアクセサリーとして着けたり

もちろん普段のアクセサリーにポイントで着けたりと「和柄ボール」は、色んなシーンでとても活躍できます♪

それでは、作っていきましょう♫

 

 

用意するもの

・発砲スチロールのボール 10mm15mm

・はさみ

・木工用ボンド

・まち針(ボールの穴あけ用)

・目打ち

・ものさし

・つまようじ(ボンドを塗る際に使用)

・和柄ちりめんはぎれ

和柄ハギレは少し高いイメージがありますが、意外にお手頃で手に入ります。

 

手芸屋さんに和柄ハギレの詰め合わせが売ってなければ、今流行のつまみ細工用のちりめん生地がおすすめです。
できるだけ薄手の生地が良いです。

また、ちりめんの生地で安く売っているのもあります。

 

和柄ボールの作り方

 

今回は、このちりめん生地のハギレを使います!

1.

和柄ハギレをボールに合わせてカットします。
ハギレの場合、乱雑にカットされていたら形を整えます。

発砲スチロールボール 12mm

ハギレ 約3cm×3cm

2.

 

ボールに対し、生地を下の図のように放射状にカットします。
※発砲スチロールのボールの穴は気にしないでください。

3.

カットしたら、生地の裏側にボンドを塗ります。

裏表間違わないようにしてくださいね♩
※洋物の生地と違って和柄の生地は、裏表が意外にわかりにくいのもありますので注意してください。

4.

発砲スチロールのボールを包んでいきます。
指でしっかり押さえながら、空気を抜く感じで包みます。
ボンドはしっかり塗ってください。
※発砲スチロールのボールの穴は無視してとにかく根気良く包んでくださいね♩

5.

余分の生地が出たら、はさみでカットしていきます。そしてボンド塗ります。

細かい場所は、しっかり爪楊枝で、ボンドを塗っていきます。

6.

指でしっかり押さえます。布が浮いてきたらしっかり押さえてください♬

7.

出来上がりました!!
かわいい和柄のボールが出来ました♫

 

アレンジしよう!

2種類の生地でボールを作ろう!

コツがつかめたら、たくさんボールが早く作れるようになります。
今度は、2種類の生地を貼り合わせてボールを作ることもできます。

また雰囲気の違ったボールが出来ます。

作り方

1.

お好みで、2種類の生地を用意します。

ボールの大きさは少し大きめに15mm
ハギレは約2cm×3cm

2.

一枚の生地をボールに対して放射状にカットしていきます。
※最初のレシピに載せている「2」を参考してくださいね。

ボールの穴は、今回も完全無視です!!

2.

ボンドを塗り、しっかり押さえて貼っていきます。
この時ボールは、中途半端にむき出しています。(むしろ半分出るように)

3.

中途半端にボールが出ている方へ、もう一枚の生地を貼っていきます。
今度は、ボールが見えなくなるように貼ってくださいね。

張り方は、最初のレシピ同様です。

出来上がりました~!

一枚の生地とはまた違った雰囲気の仕上がりになりました♬

1枚の生地、2枚生地を使って
たくさんの和柄ボールを作ると、とてもかわいいです♬

もちろん、このままお部屋に飾ってもかわいいですが、せっかく素敵なボールが出来たのでアクセサリーにして飾ってみましょう☆

では、和柄ボールをアクセサリーにする場合をご紹介します。

和柄ボールで浴衣に似合うアクセサリーを作ろう!

用意するもの

必要な基本金具、パーツ

左からヘアピン オーソドックスな黒いヘアピンを使います!
9ピン、Tピン、チェーン、丸カン ゴールド色(お好みで!)

9ピン、Tピンは少し長めのものを使用してください。

また、金具の色は今回ゴールドですが、お好みで変えても大丈夫です♬
ただし、金具の色は統一してくださいね!

ビーズ、パール類

和柄ボールと一緒に様々な種類のビーズを使うととても素敵な仕上がりになります。
和柄ボールに合うビーズを集めてみました。

左から

・フラワーパーツ(プラスチックで出来た、よく手芸屋さんで

見かける昔ながらのパーツです)

・ガラスビーズ (カラフルな物を選びましょう!)

・黒いプラスチックビーズ(和柄に黒が合います)

・プラスチックパール

 

<下準備>

まずは、基本の和柄ボールをどんなアクセサリーにも使用できるようにします♬

1.

先ほど作った和柄ボールをまち針で貫通させます。

2.

まち針で貫通した穴にTピンを通します。
Tピンの上側(長い方)を約1cm残しカットします。

Tピンの上側を丸めたら出来上がりました!
これで、和柄ボールがアクセサリーに使えるようになりました。

 

 

和柄ボールとビーズのじゃらじゃらヘアピン

 

ヘアピンに丸カン、チェーンをこのようにぶら下げます。
チェーンはお好みでカットしてくださいね。

あとは、上記でご紹介したビーズと和柄ボールをぶら下げるだけ♫

【かわいいのコツ】和柄ボールとビーズ出来るだけ多めに付けましょう♪
じゃらじゃら感がかわいくなります!

揺れるかんざし風ヘアピン

バリエーション変えるとまた違った雰囲気になります。
黒いプラスチックビーズを使って、かんざし風にしました♪

【ポイント】フラワーパーツや木製ビーズのような穴が大きいビーズを使用する場合

木製ビーズやフラワーパーツは、穴がとても大きいため、Tピンがすり抜けてしまいます。
そんな時は、スパンコール小さなパールを使うと、Tピンがすり抜けることがありません。

スパンコールを使う時は、敢えてわざと違う色にするとかわいいです!

 

和柄ボールヘアゴム

ヘアゴムに使用してもかわいいですよ♪
左の折鶴のヘアゴムは、なんと100均の既製品を使用して、ビーズと和柄ボールを付けてみました。

右側のヘアゴムは和柄のパーツと一緒に取り付けました。

和柄ボールのイヤリング&ピアス

敢えて左右違うデザインにしてアンバランスにしました♪
※左右アンバランスにする場合、片方はシンプルに!

ピンク系で、小さいパールをポイントにしました!

たくさん和柄ボールを作っておくととても便利です。
いろんなアクセサリーに使ってみてくださいね♪

 

 

◆関連記事

ハギレを使ったレシピをたくさんご紹介しています!
チェックしてみてね♪

▼紫陽花のヘアゴム 裁縫なし!ボンドでOK!

▼クシュッっとコサージュ

▼ハギレで作ろう!くるみボタン 初心者さんも簡単!

 

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★