カバンテープでヘアアクセサリーを作ろう!



カバンテープでヘアアクセサリーを作ろう!【ハンドメイドの基礎知識】

カバンテープでヘアアクセサリーを作ろう!

おうち時間がまだまだ長くなる昨今、ハンドメイドをされている方が多いのではないでしょうか?
今回は、意外な物でヘアーバレッタを作ってみようと思います。

きっと手芸されている方は、1回は見たことあると思います。
カバンの持ち手に使われる「カバンテープ」と言うパーツです。

こんな感じで、手芸屋さんに詰め合わせで売られていることもありますよ。

カバン作りをして、カバンテープが余ってしまっている方をはじめ、
持ってはいるけど何に使って良いのかわからない方など、手芸屋さんでよく見かけるあの「カバンテープ」。
今回はカバンテープでヘアーアクセサリーを作っていきましょう!!

用意するもの~材料~

・カバンの持ち手テープ
幅3㎝×長さ35㎝ 色はお好みで

・ヘアーバレッダ用金具

・レース
手芸屋さんに売られている現代レース(モダンレースとも言います)を使用します。
もちろん、百均のレースでも大丈夫ですが、デザインが繊細な物を選ぶと安っぽくなりません。
・黒いモチーフレース(画像の一番上)
アクセントで黒を使います。
お花モチーフは1つずつカットして使います。

・糸、縫い針

・木工用ボンド

用意するもの~道具~

・はさみ

・ものさし

・木バサミ

・おもしになる物

作り方

1.まず、カバンテープ(以下、テープ)の端が切れっぱなしだと、ほつれてくるのでボンドを塗って始末しておきます。

2.端が乾いたら、このようにテープを折り、長さのバランスを確認します。
まち針で印してもOKですが、ペンでの印は滲むのでオススメできません。

3.確認ができたら、しっかりボンドを塗ります。

4.「木バサミ」や「おもし」などを使って、しっかり乾かします。
できれば、半日~1日乾かしてください。

*乾かしている間に、レースで飾りを作っていきます。

5.今回は、このようなレースを使います。
長さは約20~30㎝位です。

※画像のレースは、昭和の頃の日本レースと思われます。
海外製のアンティークレースは少しお値段が張りますが、今回のようなレースは手芸屋さんでまとめ売りしている場合もあります!

6.先ほどのレースを端からこうやって、ジャバラに折っていきます。

7.最後まで折っていくと、こんな感じでジャバラに仕上がります。

8.端を糸で縫って始末します。

9.出来上がりです。

それでは、ジャバラ折りをマスターしたら、色んなレースで飾りを作っていきましょう!

10.今度は、このレースを使います。

11.少し広げながらジャバラ折りにして、糸で“なみ縫い”して留めます。

12.今度は、こんな感じのレースの切れ端を使います。どんな物でも良いです。

13.ジャバラ折りにして、中心を縫います。
するとリボン型のようになります。

14.こんなレースのハギレを・・

15.真ん中で折りたたんで、ハート型のようにします。端はボンドで留めます。

16.このようなモチーフレースは、1個ずつカットします。(今回は2個カットします)

17.画像のレースと似たようなお花のモチーフの場合は、中心へ円形になみ縫いしてそのまま糸を引っ張り、お花を絞るようにします。
そして玉止めをします。

こんな感じで仕上がります。お花が閉じたようにします。
その方が、立体感が出て表情がつきますよ。

これで、モチーフが仕上がりました!
もう少し足したい!という方は、足していっても構いません。

18.しっかりボンドをつけて、バランス良くレースを付けていきます。

19.出来上がりました!!
ナチュラルな感じに仕上がりました。
カバンテープが新たに生まれ変わりました。
レースが良いアクセントになっています!

それでは、今度は裏側へ金具を留めます。

20.金具にしっかりボンドを付けて、飾り付けした本体の裏側へ接着します。
乾いたら完成です。

裏側はこんな感じです。

紐でヘアーバレッダを作ってみよう!

用意するもの~材料~

馴染みのあるこのタイプの紐を使ってバレッタを作りましょう!

用意するもの~材料~

・上記の画像の紐
色はお好みで。太さは太めの方が良いです。

・飾り付け用のハギレ
上から・・・
・普通の綿生地 似たような生地で構いません。(裂き布)
・緑色のリネン生地 ハサミでカットしています。
・生成りの生地2枚 (裂き布)

・変わり糸などお好みで

・糸、針

・ボンド

・バレッダ金具

下ごしらえ

生地に幅約2㎝くらいに切り込みを入れ、
手で思いっきり裂き、テープ状にします。(裂き布です)

生地の厚さや目の向きで裂けない場合は、ハサミでカットしておきます。

紐の先が切れっぱなしにしているとほつれてくるので、両方セロテープで留めておきます。

下ごしらえが出来たら作っていきましょう!!

作り方

1.まず紐を画像のように置きます。

2.そのまま紐を手ですくっていき、バランスを整えます。 できるだけ形が崩れないよう、木バサミで中心を挟んでおきます。

3.まとめた紐の中心に針を通します。

4.糸をぐるぐるっと2周させ、しっかり引っ張ります。
もう一度紐の中心に針を通し玉結びして紐の中心を固定させます。

このように紐の土台が出来上がりました。
糸で紐の中心を固定すれば、かなりしっかりしますよ!

5.このストライプ柄の生地を(お好みで構いません)渦巻き状に置きます。

6.こんな感じで生地をつまみます。

7.指で生地を少しずつずらし、動きをつけます。

このようになるので、木バサミなどで留めて置いておきます。(まち針でも可)

8.今度は、この生成りの生地を使います。少し短めの2枚です。

9.お互いの真ん中をボンドで留めます。
重なる部分の端は敢えて隠さず、そのまま留めます。

10.グリーンのリネン生地は、5~7と同じようにします。

では、生地を重ねていきましょう!

11.バランス良くずらし下から、ストライプ柄の生地、グリーンのリネン生地、 生成りの生地と重ねていきます。

12.重ねた生地に糸を通して、何回か縫って留めます。

13.糸で固定できたら、先ほど作っておいた紐の土台と束ねた生地にボンドを塗り・・・

しっかり固定します。

14.指でしっかり押さえながら、生地を指でつまみ、ふんわりさせるように ほぐしていきます。
糸が一緒にほつれてきても気にしません!

そして、ボンドが乾かします。

※ポイント※
軽く「おもし」しておくとしっかり接着されるのでオススメです。

15.生地の真ん中にアクセントで付ける飾り糸を作ります。
ぐるぐるにした糸の中心をしっかり結び、指で糸を軽くほぐします。

変わり糸などお好みの糸を用意し、束ねます。
画像の糸は、シルバーの糸です。(AVRILの糸)

※ポイント※
上記の生地と同じように作られた方で、シルバーの糸が無い場合は、「黒」のミシン糸など縫い糸でも使えますよ!

また、シルバー以外ではゴールドでも雰囲気が変わり綺麗に仕上がります。

16.束ねた糸を生地の中心にボンドで留めます。

17.こんな感じになりました! あとは金具をつけるだけです!!

※ポイント※
とにかく紐と生地の「統一感」を意識して紐の色に合わせることが大切です!

18.バレッダ金具にしっかりボンドを塗り、紐の裏側に留めます。

裏側はこのようになります。
「おもし」などをしてしばらく置き、乾いたら完成です☆

 

カバン用の持ち手やきんちゃく袋に使われる紐が可愛いヘアーバレッタに生まれ変わりました!!

これから暑い夏にピッタリですね☆

それでは、他に様々な紐やテープを使った、バレッタの作品例をご紹介します。
是非、参考にしてみてください!

【リボン風】

最初のレシピで使ったカバンテープと同じように見えますが、素材が少し柔らかいです。
飾りにフリルリボンや紐、ブレード、レースを使用してリボン風にしています。

【チロリアン】

グリーンの鮮やかなカバンテープです。
グリーンを生かして飾り付けします。
レースは控えめにし、柄入りリボンテープ(チロリアンテープ)をアクセントにするとまた違った雰囲気に仕上がります。

【アンティークフラワー風】

赤いカバンテープが可愛らしいバレッタです。
素材はとても柔らかいです。
中心のレースは全てアンティークの物を使用し、ゴールド色のリボンを使うことで「甘く」なりすぎません。

レースを10㎝ほどカットしてなみ縫いし、引っ張るとお花のようになります。
いくつか作り、飾りつけしてください。
お好みでリボンを付けてもGOOD♪

【和テイスト】

きんちゃくバッグなどに使われる合皮紐を使いました。
今度は、いっきに「和」の雰囲気にしました。
ちりめんのハギレで「和」を出しつつ、レースで引き立てます。
和装に似合うバレッタになりました。

〇作り方

二重に輪っかを作り、そのまま片方を中心で2回ぐるっとさせ結びます。
中心の結び目にボンドを塗り固定させます。
そしてお好みのちりめんのハギレやレースで飾り付けしたら完成です!!

いかがでしたか?

つい余ってしまうカバンテープや紐が、アレンジ次第でとても素敵なヘアーアクセサリーに生まれ変わりました!

是非、チャレンジしてみてくださいね♪

ハンドメイドのアクセサリーや手芸の無料レシピを公開!初心者さんにも簡単にできちゃうハンドメイドレシピからハンドメイド上級者さん向けまで!続々更新しています。ピアスの作り方、ネックレスの作り方、ブレスレットの作り方、抱っこひもカバーの作り方など、ハンドメイドの無料レシピがたくさん詰まっています。