【ハンドメイドの基礎知識】イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方

アクセサリー作りでは色んな個性を出しやすいことから多く作られているピアスとイヤリング!

ピアスとイヤリングにも実は様々な金具の種類と素材があることをご存知ですか?

今回はハンドメイドアクセサリーの製作では欠かせない、ピアスとイヤリングについて、素材や種類、またどれを選べばいいのかなどを詳しくご紹介します。



1.イヤリング・ピアスとは

耳元を飾るアクセサリーの代名詞、ピアス・イヤリング。

どちらとも、なじみ深いアクセサリーですが、じつはこの「ピアス」は和製英語。

ピアス(pierce)は、穴をあける・突き通すといった意味の動詞です

b102_arufabettonogumi_tp_v

英語では、耳に着けるアクセサリーはまとめてイヤリングなのだそうです。

そのため、日本でいうところのピアスを英語でいうのならば、pierced earring。となります。

ワールドワイドに作品を展開することも多い今日。和製英語には気を付けておきたいところです。

2.イヤリング.ピアスの種類と特徴

□イヤリングとピアスのデザインについて□

ピアス・イヤリングはデザインから次の3つに分類できます。

~フープ~
img_6422

イヤリング(ear + ring)の名前の通り、耳たぶに輪がぶら下がったデザインです。

動きがあり、シンプルなデザインでも華やかな印象を与えます。

~ボタン・スタッズ~
20160317115558-2
ボタンやスタッズ上のモチーフが耳たぶに張り付いたようなデザイン。
2-2
動きがありませんが、コンパクトで、使い勝手の良さが魅力です。

~ドロップ~
sample2_1

耳たぶからモチーフがぶら下がるデザイン。動きがあるため、華やかな印象を与えます。
ap002163
(参考:紗や工房 商品番号:ap002163 チェーン付ピアスフック(全長約107mm))

チェーンをピアスホールに通す、アメリカンピアスもこのタイプです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。