【ビーズで作る】ドリームキャッチャー風モチーフアクセサリーの作り方☆


ビーズで作る!ドリームキャッチャー風モチーフアクセサリーの作り方☆【ハンドメイドの基礎知識】

ビーズで作る!ドリームキャッチャー風モチーフアクセサリーの作り方☆

今回は、最近話題のドリームキャッチャーをモチーフにした、ビーズアクセサリーの作り方です!
本来は糸で組んで作るドリームキャッチャーですが、今回はビーズを使うことで軽い印象になります。 親子で一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

1.用意するもの

◆ガラスビーズ

個数は2個分の数です。
1個の場合は半分の数で用意してください。
また、写真はモチーフ1個分の数です。

・丸小ビーズ:94個
・ファイアポリッシュビーズ:14個
・ソロバン型ビーズ(スワロフスキー):14個

・お好みのガラスビーズ(飾りビーズで使います):8個~10個

※以上のご紹介したビーズの色はお好みで、
念のため数は多めに用意してくださいね。

◆基礎金具

・ピアスもしくはイヤリング金具:1ペア
・丸カン 3.5㎜:4個
・丸カン 5.0㎜:2個
・チェーン:お好みで2~3種類(1種類でも可)
・Tピン:お好みのガラスビーズの数に合わせて
・テグス

◆必要な道具

・ニッパー
・丸ヤットコ
・平ヤットコ



では、材料が用意できましたら、さっそく作ってみましょう!

◆作り方

60㎝ほどカットしたテグス片方に14個通します。

最後の14個目、13個目にもう片方(何も通していない方)のテグスを通してクロスさせ丸にします。

片方のテグスに、ファイアポリッシュ、丸小、ソロバン型、丸小、ファイアポリッシュビーズの順に通します。

もう片方のテグスに最後に通したファイアポリッシュビーズに通して交差させます。

そのままテグスを先ほど14個通しテグスを交差させたビーズの3個目、4個目に通します。
画像のような向きだと下から上へテグスを通しています。

ギューと引っ張るとこんな感じになります。
一つモチーフが出来ました。(以降ピコットと言います)

ピコット側に、丸小、ソロバン型、丸小、ファイアポリッシュビーズの順に通します。

最後のファイアポリッシュにもう片方のテグスを通し交差させます。
するともう1個のピコットが出来ました♪
そのまま何も通していないテグスをすぐ横にある14個の丸小ビーズ5個目6個目へ通します。
また、丸小、ソロバン型、丸小、ファイアポリッシュビーズの順に通して行きます。

このように3個目のピコットを作って、7個目8個目の丸小ビーズにもう片方のテグスを通します。

同じ手順で、もう3個ピコットを作ります。
(あと残り1個のところです)

ここでポイント!
皆さん画像のように仕上がりましたか??
一つでも通し方が違っていると、何かおかしい事に気づきます(笑)
もし違っていたら、残念ですがイチからほどいてやり直しです。
・・・筆者も実は、一つ多く通していてやり直ししています。

では最後残り1個になったら、新たにビーズは通さず (多分ビーズもなくなっているはずです) 一番最初のファイアポリッシュ(最後のファイアポリッシュのすぐ前のビーズ)に何も通していない方のテグスを通します。

両サイドのテグスに丸小1個ずつ通して、ソロバン型ビーズ1個足しテグスを交差させます。

テグスの左側へ丸小ビーズを3個通します。
すぐ横にあるソロバン型ビーズへテグスを通します。
また、丸小3個通して次のソロバン型ビーズへテグスを通します。

・・と繰り返し同じ手順で、最後まで通して行きます。

最後まで来たら、テグスを始末します。

最後のソロバン型、最後の丸小の間でテグスを固結びします。

結び目は、ソロバン型ビーズの中に入るようにテグスを引っ張ります。
テグスはカットせずにそのままもう一度外径に通します。

ワンポイント!
固結びしてやっと出来上がったので、ついつい始末を怠ってしまうと仕上がりが不完全になり、テグスがすぐほどけたりしてきます。
最後まで気を抜かずきちんとテグスの処理をしましょう!

テグスを1周させたら、テグスをカットします。

モチーフが出来上がりました!!

イヤリングやピアスにする場合は、がんばってもう1個作ります。

では、飾りをつけていきましょう~♪

チェーンを1.5㎝×2本2㎝×2本にカットします。
カットしたチェーンの先端に3.5㎜の丸カンを1個ずつ通します。

飾り用に用意していたガラスビーズにTピンを通します。

通したビーズからTピンの芯を1㎝弱位残してカットし、画像のように丸ヤットコで丸めます。

このように出来ました。

他のビーズも同じようにしてTピンを取り付けます。

画像のように中心になるソロバン型部分にチェーンを取り付け、バランスを考えて先ほどTピンを取り付けたガラスビーズを取り付けて行きます。

中心の上部に5.0㎜の丸カンを取り付け、ピアス金具(もしくはイヤリング金具)を通します。
もう片方も同じようにします。

このようにピアスが完成しました!!


*ポイント
飾り部分(チェーン部分)にガラスビーズを取り付ける時は、左右対称で取り付けてくださいね☆

応用編

◆色違いのモチーフを作ってみよう!

上記のレシピを応用して、色違いのモチーフも作ってみましょう♫
また違った雰囲気になり素敵です☆

◆左右色違いのピアス(イヤリング)でアシンメトリーにしてみよう!

上記の色違いでピアス(イヤリング)にしても素敵です☆ 飾り部分は敢えて、アシンメトリー(左右非対称)にすると着けたときにとてもおしゃれです。

左右全く違う感じにしてもおしゃれです♫

◆ペンダントにしてみよう!

ペンダント用の大きめの丸カン(約8㎜)を中心に取り付けます。

このように丸カンにチェーンや革紐を通すとペンダントネックレスに仕上がりました☆

いかがでしたか?
モチーフさえマスターすれば、色んなアレンジも楽しめますよ☆
糸ではなく、ビーズを使うことでカジュアルになりすぎず、お出掛けにも重宝するデザインに仕上がります。
是非、作ってみてくださいね♪

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★