【ハンドメイドの基礎知識】ヒートンの使い方・コツ・レシピ

ネジ式ヒートン

このページではヒートンの使い方や種類、ヒートンを使った作品などを紹介しています。



1. ヒートンとは

ハンドクラフトにおいてのヒートンは、パーツに穴を開けて埋め込み、接続部を作るために用いられます。特に木材・レジン・樹脂粘土などを使われる方にとっては、ヒートンはアクセサリー・小物に加工する際の必須アイテムの一つといえます。

ヒートンを用いるときは、必ずパーツにある程度の太さと深さのある穴が開くことになります。よって、適切な穴を開けることができないガラス・布といった素材には、ヒートンの使用は向いていません。

例えば…

こんなコルクの蓋付きの小瓶に、ヒートンは使えるでしょうか??

コルク栓のガラスの小瓶

小瓶本体に穴を開けるのは至難の業ですが、コルクの蓋になら穴が開けやすそう。ヒートンが使えますね☆

ちなみにヒートンは英語で“Eye bolts”といいます。ついでに、一見ヒートンに似た形をしている9ピンは“Eye Pins”と呼ばれています。

2. ヒートンの種類

ネジ式ヒートン
・ネジ式ヒートン

差し込み部分がネジのようになっているヒートンです。回転させながら、パーツに押し込むようにして使います。

この形のヒートンは、ハンドクラフトだけでなくインテリア方面でも用いられるので、極小サイズでなければホームセンターなどでも入手できます。

ネジ式ヒートンは比較的丈夫なところと、接着剤なしでも使用できるところが良いのですが(※パーツによります)、差し込み式ヒートンのような華奢な雰囲気は出にくいです。

差し込み式ヒートン
・差し込み式ヒートン(ヒートンキャップ)

接着剤を付けてパーツに差し込んで使用します。

キャップによって穴に蓋がされる状態になるので、見栄え良く仕上がります。しかし、ネジ式ヒートンほどの頑丈さはなく、接着剤との併用が必須です。

どちらのヒートンも、太さや長さ、色に種類があります。サイズは、ホームセンターの日曜大具・インテリアコーナーに並んでいるような太くて大きなものから、ハンドクラフト用の細くて小さなものまでさまざまです。

色は、他のハンドクラフト資材と同じく、ゴールド・シルバー・金古美などがあります。

差し込み式ヒートン 金古美ネジ式ヒートン シルバー

キャップ部分はシンプルなものから、モチーフ付きのものまであります。

ミルククラウン 王冠チャーム
(画像はイメージです)

片穴パールと王冠型ヒートンキャップを使えば、こんなパーツが作れそう?!

3. ヒートンはこうやって使います

●基本的な使い方

ピンバイス、ハンドドリルなどを使って、ヒートンを付けたい場所に穴を開ける

(必要な場合は接着剤を付けて)開けた穴にヒートンをねじ込む

基本はこれだけ!

●穴を開けるときのポイント

使用するヒートンの長さ・太さ、パーツの材質を考慮して穴をあける必要があります。

穴が浅すぎるとヒートンが入りきらずにグラグラしますが、深すぎるとパーツを不必要に掘ることになってしまいます。

また、穴が太すぎるとヒートンとの間に隙間が出来てしまって安定しません(太すぎた場合は接着剤を併用してみるとカバーできることがあります)し、細い穴に無理やりヒートンをねじ込むと、パーツが割れる可能性があります。

さらに、ヒートンを挿入する前に、穴開けで出来た屑をきれいに処理することもお忘れなく!

●接着剤のポイント

乾燥後に透明色になるものを選びましょう。

レジンにヒートンを取り付ける場合は、レジンを接着剤にしている作家さんも多いようです。

●その他

シリコンモールド
レジンワークで。シリコン型に切り込みを入れてヒートンを置き、レジンの硬化と同時にヒートンを定着させてしまうという技があります。

ヒートンの種類や、ヒートンを付けたいパーツの材質・デザインによって注意するポイントやコツが若干変わってきます。ご自分のやりやすい方法を見つけてください♪

4. ヒートンの代用品

・9ピン
9ピン 白銀
サイズが小さく軽いパーツに使用するのであれば、9ピンを差し込みヒートンのように使用することが可能です。

ただし9ピンは細く、表面がつるつるしていて引っ掛かりがないため、ヒートンに比べると耐久性や安定感が劣ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シェルビーズ+9ピン+バチカンでこんな感じのチャームを作ることができます。

片穴 クリスタルパール
こんな片穴のクリスタルパールのチャームなどでも応用することができます。

以上、ヒートンについてでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。