簡単おしゃれ♪ビーズリングの作り方☆~基本編~


意外と簡単!ビーズリングで手元からおしゃれに♪【ハンドメイドの基礎知識】

今年流行アイテム☆ビーズリングの作り方!

今年はビーズリングが大流行中です!
子供の頃に一度作ったことがある、という方もいらっしゃるかも知れません。
ビーズリングの魅力は、細めのものを重ね着けしたり複数の指に着けたりとおしゃれとしての自由度も高く、「指輪」という取り入れやすいアイテムであることです。
ビーズリングは少ない材料であっという間に出来上がるので今から始めるというようなビーズ手芸初心者さんでも全然問題ありません。
金属アレルギーで指輪をつけられなかった方もぜひチャレンジしてみてください。
今回はビーズリングの作り方をご紹介します。


◯通して結ぶだけ!な細身ビーズリングの作り方

その名の通り、ビーズを通して結ぶだけで完成します。

1.用意するもの

◆ビーズ

お好きなものをご用意ください。
今回は4mmのパールビーズ(左)と丸小ビーズ(右)を準備しました。
丸小ビーズの中にはビーズ穴の中にメッキ加工をしたものもあります。
金属アレルギーをお持ちの方はメッキ加工のビーズは避けた方が無難のようです。
詳しくはお店の方に聞いてみてくださいね。

◆テグス

テグスは伸縮性がないものの方が扱いやすいのでそちらを準備しました。
2号くらいがちょうどいいかと思います。

その他、テープ、はさみをご用意ください。

2.作り方

1.25cmくらいに切ったテグスの端にテープを貼り、ビーズが抜けないようにします。

2.テグスにパールビーズと丸小ビーズを交互に通していきます。

※もしパールビーズの穴が塗料で塞がってしまっている場合は爪楊枝やまち針などでつつくと簡単に拡張できます。

細かい作業になるので手を怪我しないように気をつけてください!

3.ある程度通したら着けたい指の一番太い部分(第二関節部分)に合わせながらサイズの調節をします。

※伸縮性のないタイプのリングですのでここでしっかりサイズ合わせをしておきます。

4.長さが決まったらテグスの端を固結びし、糸処理をします。

5.残ったテグスは結び目から左右にビーズ3〜4個分くらい通します。

6.少し力を入れて片方のテグスを引っ張ると結び目がビーズの中に入ります。
(引っ張りすぎるとビーズに隠れきれずに出てきたりテグスが切れてしまうので力を加減してくださいね。)

結び目が解けたり、緩んだりしないことを確認したら余分なテグスをハサミで切ります。

なんと!これで完成です!


◯8の字編みのビーズリングの作り方

少しだけ編んでみるだけで細身ビーズリングとは全く違う雰囲気に仕上がります。

1.用意するもの

◆ビーズ

◆テグス

この他、はさみをご用意ください。

2.作り方

1.50cmくらいに切ったテグスに丸小ビーズを3個通します。

新しい1個をテグスにとり、反対側のテグスを交差するようにビーズに通します。

テグスを引き締めた時に4個のビーズがテグスの中心になるように配置したいので、テグスの端を揃えてビーズを引くと中心に配置することができます。

2.左右のテグスに1個ずつビーズを取り、さらに新しい1個でテグスを交差させます。

この後、必要な長さになるまでこの操作を繰り返します。

ここでワンポイントテクニック!
利き手だけでビーズを拾うと、一回一回テグスを持ち替えることになると思います。
そんなときは下記の方法で行うと作業効率がアップしますよ♪

一度に3個のビーズを拾います。

続いて反対側のテグスで左の2個を交差するように拾います。

一番左のビーズを右から伸びているテグスから外し、交差しているビーズが真ん中の1個だけになる状態にします。

このままテグスを引き締めると出来上がりです。

3.ある程度編んだら長さの調整をします。
ここでもつける指の一番太い部分(第二関節)に合わせて調整します。


4.長さが決まったら一番最初に編んだ部分と連結します。

5.左右のテグスで1個ずつビーズを拾います。

6.片方のテグスだけを丸のついているビーズに通します。

※この時指輪全体がねじれないように通す向きを間違えないようにします。

7.このままテグスの端を固結びします。

8.結び目のすぐ横のビーズにテグスを通して引っ張り、結び目を隠します。

9.残ったテグスは結び目から左右にビーズ3〜4個分くらいに通します。

10.結び目が解けたり緩んだりしないことを確認してから余分なテグスを切って完成です!


アレンジ

作り方では丸小ビーズのみで編みましたが、他のビーズを使って編んだり大きさの違うビーズを組み合わせて編んだりすると雰囲気の変化が楽しめます。

◯チェコファイヤポリッシュ×丸小ビーズ

◯大小パールビーズ2種類×丸小ビーズ

これらは全て8の字編みの方法で編んだものとなります。
色々な組み合わせでアレンジしてみてくださいね。


今回は基本のビーズリングを2種類ご紹介しました。

難しそうに見えるビーズリングも、ビーズとテグスさえあればオリジナルが完成します。作り方も慣れれば1点を30分以内で作れるようになります。

サイズや色を変えることで、自分だけではなく、大切な方へのプレゼントとしてもオススメです!
軽い素材のビーズリングは重ね付けしても負担に感じにくいことも魅力的ですね。

このレシピで流行を取り入れてみてはいかがでしょうか☆


次回予告

ビーズリングを楽しみたい方への第二回目は
ビーズリングの中級編です!

ちょっとレベルアップした作品をご紹介します!

どうぞお楽しみに~♪

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★