【世界のハンドメイド事情】~ハワイ・マウイ島編 Vol.4


海外のハンドメイド情報

外国のハンドメイド事情-アメリカ/hawaiiハワイ州・マウイ島編 Vol.4 – HOW TO SALE?!

part4-top
ハワイの花:ハワイ州は8つの島があり それぞれにシンボルカラーと花があります。

ニイハオ島:白色/ププ(貝)
カウアイ島:紫色/モキハナ
オアフ島:黄色/イリマ
モロカイ島:緑/ククイの花
ラナイ島:だいだい色/エアープラント
マウイ島:桃色/ロケラニ(小さなバラ)
カホオラヴェ島:鼠色/ヒナヒナ
ハワイ島:赤色/レフア

毎年6月11日は 「キング・カメハメハデー」
ハワイ全島を統一した「カメハメハ一世」の生誕と功績をたたえるハワイ州の休日です。
オアフ島では「キング・カメハメハ・セレブレーション」、ハワイ島・マウイ島・カウアイ島でもフラ・フェスティバルが開催されお祝いのパレードでは 各島の女王は 島色のドレスをまとい練歩きます。


※画像の転載は禁止しております。
※こちらの記事ではハワイ・マウイ島に在住の「ライター:りかちゃんマウイ」より、現地のハンドメイド事情、自身の活動についてご紹介しています。

【この記事を書いている人はこんな人】
ライター:Rikachanmaui リサイクルアーティスト
りかちゃんマウイ事 金安理香。長野県出身 20歳にて渡米しロスアンジェルスに5年程在住し、その後マウイ島に移り住み25年のシングルマザー。
マウイ島にて旅行代理店を営んでいる傍らリサイクルアートに眼覚め、ここ数年リサイクル素材を中心に地球に動物に自然に優しいアートを手掛けている。海で出会ったSeaGlass(シーグラス)と流木に魅了され 空き瓶を利用し再現しアクセサリーを制作。現在マウイ島=キヘイ・ラハイナのショップで販売中。
ハワイのハンドメイド事情
りかちゃんマウイHP
unnamed

今回は、、マウイ島で実践している

作品の販売=How to Sale について

4-1b
キヘイ地区 カラマビレッジ内 「IPO」ブティック (808)879-3733
Mrs.Youngさんのショップにて作品販売しています。

今の時代は 個人でネット販売が支流ですが、なかなかその気にならず そのうち。。。と、私はまだ 立ち上げていません。

その分 人にふれあう昔ながらの方式=飛び込みでお店を開拓しています。

飛び込みとは ショップに直接商品を持って売り込みに行くことです。

お店で作品を販売してもらう時に2つの委託方法があります。

A:商品を置かして貰い 売れたらの歩合制。

商品を置く=在庫整理・メンテナンスをしなければなりません。
壊れた・盗まれたなど 思わぬハプニングが付きまといます。
収入率は多いがディメリットの世話も多い!

B:ショップに買い上げてもらう。

何処の店でも卸した値段の倍の料金で商品を売るので卸値に頭抱えます。
けれど、納品後のケア=メンテナンス・責任なし。
私には 本業があり メンテナンスが出来ないのでBビジネスを主に選択しています。

A・Bどちらもアーティストが売値(歩合は店側との交渉)・卸値を決めるのですがAの方が利益がある場合が多いです。

また納品に関しては 作品が売れて在庫がなくなれば電話が来る!
といったアバウトな感じでなんともマウイアンでございます。(笑)

品に寄っても異なりますが シーグラスアクセサリーは月10本・流木5本ぐらいの売上です。
時折オーダーメイドが入ります。

露店/スワップミート

アメリカでは ビジネスマンや主婦が経費をかけず セカンドビジネスとして 週末だけショップが開ける=スワップミート(青空市)があり、
マウイ島では 観光の島なだけあり大変盛んなライフスタイルです。

本職としてやられている方は 場代を払い毎日営業されている方も多いのですが 副業として 週末だけお店を開くスワップミートもあり、ハンドメイドアーティストには 好都合です。

メリット
1.開店費用が掛からない変わりに場所代や年間メンバーフィーを払う。
$50~$100と誰でも参加できるリーズナブルの料金です。

2.作品作りの時間が作れる。

3.週末のみなのでエキサイト・リフレッシュメント兼ねて販売を楽しめる。

私もスワップミートにて本格的に販売を始めたいと考え 現在作品作りに“必死” 。
一生懸命、在庫を増やしております。

4-2a
この日 新しい作品をディスプレー中に3つ売れちゃいました!
まれにこんなこともあるので嬉しいですね。

ハワイアンらしいハンドメイド

4-2b
流木:ハワイアン文字を焼き入れし 札にその意味を書き添えて売っています。
例:Aloha= 愛 Kuuipo:最愛の人(恋人)Mahalo=ありがとう Etc…
焼き入れする時って 自由気ままに辞書で探し “コレだ!”と感じちゃう文字ばかり
PS:プロポーズ大作戦=どなたか流木文字で相手に告白してみませんか?(笑)

4-4c
鉛筆たて:ご依頼にてオリジナル作品 お名前や好きな言葉お入れしています。v(^U^)v

4-6c
マウイカーボーイ:流木と馬のひずめを上手に合わせた作品です。(ひずめ=鍵かけ+ハットのつば=キャンドルやお香置き)
カーボーイの髭=ALOHAがちょっとイカシテルでしょ!
この古ひずめ メンデス牧場から譲ってもらいました。v(^^;)

Give and take=貰ったらあげる。

US特有な平等主張の言葉であり 私はこの平等扱いが大好きです!
ですが、実際はUSでは、まだまだ差別がはびこっています。
平等は最低限人間が与えられている自由ではないのでしょうか?と声を大にして叫びたい。

私は、その言葉通り材料を提供してくれた場所や人へ お礼に一作品プレゼントすることにしています。

すると、そこの人達がとても喜び飾って下さり話題にしてくれます。

口コミが宣伝となりオーダーが入ります。
Give and Takeがおおいに活かされている人の輪を感じます。
これもセールスの一手かなぁと思います。

“損して得取れ”という言葉の通り、一時には損をしても将来的には大きな利益になって返ってくるように考える。
そう考えようとする心根が好きなのでこの方法は自分の理に叶っています。
ただし毎回返るとは 限りませんけどね。。。

4-5b
ひずめの釘を活かし 壁掛け=アクセサリーかけです。 バックの木は 適当にペンキをかけたら日に当てほったらかしにして置く。と~

4-5c
いい感じの古ぼかしぃ味わいが出てきます。 PS:忘れるぐらい雨・風にあてほっておきましょう。

次回Part5 りかちゃんマウイが気になる商品やマウイでコレが人気!の作品を紹介します。
マウイロコフード=美味しいもの見つけちゃいます!

合わせて読みたい!Rikaの海外のハンドメイド情報!

【世界・海外のハンドメイド事情】-アメリカ/ハワイ州マウイ島編

1. 【世界・海外のハンドメイド事情】~-アメリカ/ハワイ州マウイ島編 Vol.1

2. 【世界・海外のハンドメイド事情】~-アメリカ/ハワイ州マウイ島編 Vol.2

3. 【世界・海外のハンドメイド事情】~-アメリカ/ハワイ州マウイ島編 Vol.3

4. 【世界・海外のハンドメイド事情】~-アメリカ/ハワイ州マウイ島編 Vol.4

5. 【世界・海外のハンドメイド事情】~-アメリカ/ハワイ州マウイ島編 Vol.5

6. 【世界・海外のハンドメイド事情】~-アメリカ/ハワイ州マウイ島編 Vol.6

7. 【世界・海外のハンドメイド事情】~-アメリカ/ハワイ州マウイ島編 Vol.7

http://handmadetoshokan.com/wp-content/uploads/2016/07/world08_banner.jpg