【ハンドメイド無料レシピ】シンプルなカラーMIXチェーンタッセルピアスの作り方


シンプルなカラーMIXチェーンタッセルピアスの作り方


チェーンタッセルは自分でも作れるアイテムです。
市販品もいいですが、是非自分で作ってみませんか?
布製のタッセルとは一味違う、クールな印象です。

それでは作り方をご紹介します!

 

用意するもの~


【材料】
・チェーン4
・丸カン8
・ビーズキャップ2
・ピアスフック1ペア


【道具】
・平ヤットコ
・丸ヤットコ
・ペンチ

~作り方~

ビーズキャップなしのタイプの場合は、コチラをチェック!!!



1.

チェーンを好きな長さにカットしましょう。(3~5cm程度を各色8本ずつ、計32本)
丸カンも開いておきましょう。

2.

丸カンにチェーンを4本ずつ通し、9ピンを取り付けましょう。

Point!
満遍なく色が見えるように、
チェーンの色が重ならないよう色の順番をずらしておきましょう。


9ピンに丸カンを4つ通しましょう。

3.


ビーズキャップを取り付けましょう。
ビーズキャップをチェーンに沿わせるように
指で押さえて閉じ9ピンを90度に曲げてカンを作りましょう。

4.

ピアスフックを取り付けて完成です!

~バリエーションのご紹介~


コットンパールを取り付けてもGOODです♪
色をMIXして作りましたが、バイカラーでも単色でもOKですよ。

いろいろなアレンジを比較してみましょう!


長さを変えてみた場合です。


左からチェーン長さ5cm、4cm、3cmです。
着用してみると、長さのイメージも変わってきます。


同じチェーン長さで、あえて下を切らずに輪にした場合です。
切りっぱなしにした方がスッキリとしています。
輪にした方はちょっとボリュームがでてスッキリさがなくなります。


パーツの色を変えてみた場合です。
同じものでも印象がかわります。
このチェーンの場合、シルバーの方がしっくりきていますね。


パーツの柄を変更した場合です。
同じものでも、ビーズキャップのデザインを変えるとイメージが変わります。
柄ありのものよりも、柄のないパーツの方がよりスッキリとしていますね。


チェーンの種類を変えた場合です。

ゴールドのチェーンタッセルは小豆チェーンを10本使っています。
シルバーのチェーンタッセルは喜平チェーンを16本使っています。
小豆チェーンを使うとボリュームがでますので、少しゴージャスに感じます。
喜平チェーンを使うと華奢な感じですが、
小豆チェーンより本数を使うのでエレガントな感じになります。

チェーンタッセルを3つ作って2つはピアスに、
もう1つはネックレスにすればセットアップアクセサリーの出来上がり♪
アレンジをいろいろと楽しんでくださいね。

■使ったもの(参考)

(参考:紗や工房 商品番号: ap003517
カラフルチェーン145SF スモーキンサーモンピンクBB26/銅製/幅2mm/約10cm)


(参考:紗や工房 商品番号: ap003522
カラフルチェーン145SF スモーキンベビーピンクBB54/銅製/幅2mm/約10cm)


(参考:紗や工房 商品番号: ap003514
カラフルチェーン145SF スモーキンブラックBB42/銅製/幅2mm/約10cm)


(参考:紗や工房 商品番号: ap003521
カラフルチェーン145SF スモーキンベージュAA65/銅製/幅2mm/約10cm)


(参考:紗や工房 商品番号 ap000046
ビーズキャップ 7mm x 9mm金具約100個シルバー)


(参考 紗や工房 商品番号: ap000445
9ピン 約80本/長さ約30mm/カン内径約2mm/線径約0.7mm/銀)

ハンドメイドのアクセサリーや手芸の無料レシピを公開!初心者さんにも簡単にできちゃうハンドメイドレシピからハンドメイド上級者さん向けまで!続々更新しています。ピアスの作り方、ネックレスの作り方、ブレスレットの作り方、抱っこひもカバーの作り方など、ハンドメイドの無料レシピがたくさん詰まっています。