9ピン チェーン の作り方!オリジナルのビーズチェーンでブレスレットを作ろう!【ハンドメイド無料レシピ】


【ハンドメイド無料レシピ】9ピン チェーン の作り方!ただのチェーンはもう飽きた!?オリジナルのチェーンでブレスレットを作ろう!

無料レシピ 9ピン チェーン の作り方!ただのチェーンはもう飽きた!?オリジナルのチェーンでブレスレットを作ろう!

9ピン チェーン を使ったブレスレット♪

このようなビーズが連なってチェーンになっているビーズチェーンはどうやって作っているのでしょうか?
ここで活躍するのが、9ピンなんです!
ビーズを通してカンを作った9ピンを何個もつなげてこのようなチェーンが出来上がります。
使うビーズやパールの色やサイズ、形を変えれば、自分だけのオリジナルのビーズ、パールチェーンができるんです!
今回9ピンで作ったビーズチェーンブレスレットの作り方をご紹介します。

9ピンを使って作るアクセサリーは、慣れてしまえば簡単に出来ます。

さらに使う9ピンの色もシルバーやゴールド、金古美など色やカンの大きさを変えることによってもチェーンの印象をガラッと変えることができるのもおすすめポイント。

■用意するもの■

【パーツ類】

()内は今回使用したものの大きさです。参考にしてみて下さい。


お好きな色・大きさのビーズ
今回は水色と、クリアとクリアピンクのビーズを使っています。
全てボタンカットのビーズです。

(水色のものが3mm、それ以外は4mm)
・カニカン(7.5mm)
・アジャスター(5.5cm)
・丸カン(0.75mm)
・9ピン(12mm)
・その他付けたいパーツ

【道具】

・丸ヤットコ

■作り方■

1.9ピンにビーズを付けます。
下記リンクに詳細が載っていますので、参考にして下さい。
【ハンドメイドの基礎知識】 9ピンの使い方

【ポイント】今回は短い9ピンを使用していますので、カットせずそのまま使っています。

2.二個目のパーツを作ったら、最初に作ったものと繋げて止めます。 その後も、三個目・四個目・・と繋げていきます。

【ポイント】ビーズを何色か使って作る場合は、並べたい順番にビーズを繋げていきます。

3.ブレスレットにしたい長さ分9ピンを繋げていきます。

今回は15個9ピンを繋げました。

4.両サイドに丸カン、その先に片側にカニカン、もう片側にはアジャスターを取り付けます。

5.カニカンとアジャスターを取り付けた写真です。あとは好きなパーツを丸カンで好きな位置に付けていきます。

6.パーツを付けて、出来上がりです!

三種類作ってみました!
付けるパーツの色や形によってボリューム感や雰囲気が変わって楽しいです。

 

9ピンを曲げたり組み合わせたりする作業は、初めのうちは慣れなくて手や指が痛くなってしまったりすることもありますが、慣れてしまえばクルッと出来てとっても簡単ですし、9ピンの長さや色、付けるパーツによって雰囲気がガラリと変わりますのでぜひ色んなパターンで作ってみて下さい♪


今回は小さめのビーズと小さめのパーツで作りましたが、大きいキラキラなビーズにするととっても華やかになります。
パーツも大きいものにしてみたり、一個だけにしてみたりと、アレンジを楽しめますね!
9ピンの扱い方さえマスターしてしまえば、あとは自由自在でお好みのアクセサリーを作ることが出来ます。
クール系からガーリー系まで、気分やその時のファッションに合わせて幅広く楽しんでみてください☆


今回は応用編でネックレスとイヤリングもご紹介します。
9ピンはただの脇役だけでなく、その長さを活かすことによって、スタイリッシュで大人っぽい印象のアクセサリーができます。

■応用編■

応用編 アンティークネックレス

9ピンの色をアンティークゴールドにしてネックレスを作ってみました。
ピンの色をアンティークゴールドにするだけでかなりアンティーク感が出ます!
ネックレス自体を長めにしたので、チャームは一個だけにして全体のバランスを取りました。

このネックレスは9ピンが60個繋がっていて、ネックレス自体の長さは57cmになりました。(カニカンとアジャスターを含んだ長さです。)

応用編 ガーリーピアス

こちらは9ピンと丸カン、イヤリングパーツを使って作ったイヤリングです。
9ピンを2個、丸カンを2個を使っています。
9ピンにバラを付けたものと、9ピンにパールを付けたものを繋げ、一番下に丸カンを付けたハート型のスワロフスキーを繋げています。
最後に一番上にイヤリングパーツを付けて完成です!

応用編 9ピンの長さを活かしたピアス

こちらは9ピンの棒状の部分を生かして作ったイヤリングです。
9ピン1個と丸カン2個を使っています。
棒状の部分を生かすことで甘くなりすぎず、大人っぽい仕上がりになります。
今回使用した9ピンが12mmのもので短めのものを使用していますが、もっと長さのある9ピンを使えばより一層クールな印象になると思います。
こちらのスタイルでイヤリングを作る場合は、あまりパーツをたくさん付けすぎずにシンプルにまとめた方が棒状の部分が目立っていいと思います♪

このように9ピンは色々なアクセサリーに使えます♪
パッと見は地味で何に使ったらいいのかよくわからないようなパーツですが、扱い方を覚えれば自分好みのアクセサリーが作れてとっても便利なパーツです!
金属パーツなので、リーズナブルな金額で購入出来るのもいいところかと思います♪

脇役になりがちな9ピンですが、今回ご紹介したブレスレットやネックレス、イヤリングのように主役にもきちんとなれますのでぜひ活用してみてください♪

ハンドメイドのアクセサリーや手芸の無料レシピを公開!初心者さんにも簡単にできちゃうハンドメイドレシピからハンドメイド上級者さん向けまで!続々更新しています。ピアスの作り方、ネックレスの作り方、ブレスレットの作り方、抱っこひもカバーの作り方など、ハンドメイドの無料レシピがたくさん詰まっています。