【ハンドメイド作品販売ガイド】委託販売に挑戦したら失敗しました ―前編―


委託販売に挑戦したら失敗しました ―前編―

ハンドクラフト・ハンドメイドが好きで、
委託販売をやってみたいと考えたことがある方は多いと思います。

かつては私もその一人でした。
実際にやってみたら、成功も失敗もありました。

本記事では委託販売の失敗談を、前後編に分けてお送りします。
これから委託販売に挑戦される方のお役に立てればと思います。

それではまずどうして私が、
委託販売に失敗してしまったのかお話していきます。

まずは委託販売できるお店を探して…

どこかのお店で委託販売させてもらえないかな?
そう考えながら、インターネット上やSNSで情報を集めていると、

「ハンドメイド作品専門ショップ、新規オープン!」
「委託販売を希望されるハンドメイド作家さんを募集します!」

という募集が目に留まりました。

当時の私は、通信販売の経験はあっても、委託販売は初心者。
大丈夫かな?ダメで元々だ!と応募してみると、なんと採用。
オープン作家として参加させてもらえることになりました。

その後、委託販売についての決まり事や疑問点などを確認した上で、契約を結びました。

お店のオープン時に参加されるハンドメイド作家さんは、数十人の大所帯でした。
作品の雰囲気は統一されていましたが、ジャンルや参加作家の経験値はさまざま。
委託販売が初めての方もいれば、慣れている売れっ子の方もいました。

また、店主の方もハンドメイダーでした。
このお店が初めての経営で、ご自身の作品も並べられるようです。

華やかな参加作家一覧のチラシに、自分の屋号と作品画像が載っていて、
とても嬉しく誇らしく思ったことを覚えています。

委託販売をするとなると考えることがいっぱい!

さて、私も作品を納品しなくてはいけません。

商品が溢れる店内で、お客様に無名の自分の作品を手に取ってもらうためには?
お店の雰囲気に合わせつつ、他の作家さんとかぶらないような個性も必要かな?

魅力があるものを作るのはもちろんですが、考えなくてはいけないことも多かったです。
委託販売でも、ある程度はマーケティングをしなくてはいけません。

とは言え新規のお店ですから、情報が少ないのです。仕方がないことですが。
お店そのものは工事中だし、他の作家さんが何を納品するのかもわかりません。

色々と考えた結果、
ひとまず自分の通信販売やSNSなどで、好評だったものを納品することにしました。

そしていよいよオープン!

オープン当日の状況は、お店のSNSから確認できました。

なかなか盛況で、売り切れを出す作家さんもいたようですが、
残念ながら私の作品はひとつも売れませんでした。

店舗の方が忙しいためか、
オープンと同時にスタート予定だった通信販売は延期となりました。

ようやくオープンしたが売れない!

オープンから1か月間。自分の作品はひとつも売れないままです。
委託販売初心者なので仕方ないかなとも思いましたが、かなり落ち込みました。

店主の方をはじめ、人気のある作家さんは、売り上げ好調のようです。
私だけ売れないのか…?悔しかったです。

売れないからこそ、次に納品するものについて深く考えなくてはいけません。

実際にお店に行って雰囲気を感じたい、売れている作家さんの作品を見たい、
店内商品の相場を知りたい、店主さんからアドバイスなんかもらえたら…と思うのですが、

私は遠方に住んでいて、お店に伺うことができませんでした。

通信販売がスタートしない不満

売れないのは自分の実力不足です。それはよくわかっています。
しかし、徐々に経営への不満も湧いてきました。
なかなか通信販売がスタートしないのです。

このお店での委託契約では、
“売り上げに関わらず一定の委託料を納める”
“店舗での販売と同時に、通信販売も行う”ということになっていました。

有名作家でもない私にとって、このお店の委託料は高額でした。
でも通販対応もしてもらえるなら、販売のチャンスも増えると思い、契約を決断したのです。

すでに委託料は支払い済みでしたから、不満や不信感が出てきてしまいました。

不満と不信感の中でようやく売れた!

お店のSNSで紹介されたのがきっかけで、初めて作品が1つ売れました。
さらに私の友人がお店に行って、買ってくれました。

委託開始から約2か月、ようやく2作品が旅立っていきました。
とても、とても嬉しかったです。

このまま波に乗れたら…そう思った矢先、

実際にお店に行ったこの友人から話を聞き、
“委託店舗の問題点”に気づくことになるのです。

後半では友人から話を聞いたからわかった
今回の委託店舗の問題点をお話ししていきます。
お楽しみに。