【ハンドメイド作品販売ガイド/作品撮影のコツ・方法】一眼(レフ)カメラでの写真撮影の方法・スマホとコンパクトデジカメの違い


ハンドメイド作品販売ガイド-作品撮影のコツ

一眼(レフ)カメラでの写真撮影の方法・スマホとコンパクトデジカメの違い


※こちらの記事では紗や工房の商品も撮影しているプロカメラマン初瀬による素敵な作品写真を撮るためのポイントをお伝えしています。

【この記事を書いている人はこんな人】
ライター:カメラマン:初瀬 士朗
1987年 札幌生まれ。ブライダルでの撮影経験を経て、2012年よりフリーランスとして活動開始。北海道内を中心に料理、建築等の出張撮影を手がける傍ら、2016年札幌に商品撮影専門のスタジオ、「1.0.2studio」をオープンする。
HP:R-4photoGraph (from officeWHINO)
index-shop

こんにちは。カメラマンの初瀬です。

前回までで、
太陽光の使い方、
小物を活かした商品撮影の方法をご紹介いたしました。

今回はもっとわかりやすい『物』で作品のクオリティーを上げていきましょう。
その『物』とは一眼(レフ)カメラです。

・スマホやコンパクトデジカメを使っているが、
思ったような仕上がりにならないと悩んでいる。

・一眼カメラにステップアップしたいけど、写真は変わるのか。

・安い買い物ではないので失敗したくない。

といった方に是非読んでいただきたいです。

今回は一眼カメラへのステップアップということで、
スマホとの違いや一眼カメラの種類をさっくりとご紹介いたします。

1一眼カメラとスマホとコンパクトデジカメの違い

一眼カメラを使えば何が変わるのか、
ここさえ理解していればカメラ購入後も間違えなく写真のクオリティを上げられるでしょう。

①色や明るさを思い通りに変えられる

②大きなボケを活かして作品(被写体)を目立たせることができる

③ストロボなどのアクセサリーを使えば自分で光を生み出すことができる

一眼カメラへのステップアップでの大きなメリットはこの3点です。

それでは、この3点が具体的にどうゆうことなのか見ていきましょう。

【明るさ・色】

シャッタースピードなどの変更で自分の思い通りの明るさにかえることが可能です。

スマホでも明るさを変えることはできますが、
その分写真がガサガサになったり思い通りの明るさにならなかったりすることがあります。
一眼カメラを使えば自由に細かく色や明るさを設定することが可能になります。
さらにカメラ内でのモノクロ加工やトイカメラ風加工などが可能な機種が増えてきています。

【ボケの違い】

左がスマホで右が一眼カメラです。

背景のボケ方に不満があるという方は、
一眼カメラの使用が解決の糸口になるかもしれません。
もちろんボカさないこともできるのでボケの調整というところで細かな設定が可能です。
ボケ方については使用するカメラやレンズ毎で特徴が異なりますのでまた奥深いところです。

【アクセサリーを使って光を作り出す】
さらなるステップアップになりますが、
太陽光を使っていると必ず太陽が出ている時間に撮影しなければならなかったり、
晴れや曇りで全然違う写真になったり、
雨の日などは光の量が少ないといった制限が数おおく存在します。

(ストロボ)

こういったカメラと連動して使えるストロボという
アクセサリーを用意すれば自分で光を作り、操ることが可能になります。
上級技術になりますが、
作品の撮影を続けていくといつかは
ここにたどり着くことになりますので頭の片隅に置いておいてください。

(太陽光ストロボ撮影の例)

例えばこのようにあまりぱっとしない写真でも、


このように一気にイメージが変わります。

また、
真上から均等に光を当てたり、横から当てて影を作ったりなど、
幅広いライティングが可能になります。

2自分に合ったカメラとレンズ

実際の購入にあたってハードルとなるのが数多くの機種からどれを選ぶのか、
そして予算との兼ね合いでしょう。

これから一眼レフカメラに挑戦しようという方に
おすすめをご紹介します。

【一眼レフカメラのおすすめ】



一眼レフカメラ
ニコンHPより

いわゆるプロっぽい形の多くは一眼レフカメラ(ミラーレスもあります)と呼ばれるもので、
ファインダーを覗くと電子モニターではなく実像が見えるのが特徴です。
プロ耐用の物からビギナー向けのラインナップがありビギナー向けの物から始めて、
どんどん上級機種へのステップアップもスムーズにしていけるので、
本格的な撮影に進みたい人にはこちらのタイプがオススメです。



ミラーレス一眼
オリンパスHPより

一方でミラーレス一眼と呼ばれるものがあります。
ファインダーを覗くと電子モニターがあり、
覗いた画がそのまま撮影後の仕上がりイメージになります。
また幅広いデザイン性とコンパクトさが特徴で作品撮影に使用するのはもちろん、
旅行などにも手軽に持ち歩けるサイズなので汎用性が高いです。

新品での購入はもちろん、中古での購入もおすすめです。
新型の発売サイクルが早いので少々の型落ちは、
新型新品の半額やそれ以下で購入できますので
コストパフォーマンスを考えるとそれほど気にとめる必要はありません。

最近はフリマアプリなどが盛んで個人での中古市場が活発ですが、
知識がない方を狙って古い機種を高額で販売しているケースもありますので、
色々なカメラ中古販売サイトを利用してしっかりと相場を調べておくことが大切です。

③レンズ

カメラ本体とともに必要になるのがレンズです。
比較的小さな作品を撮影することが多いかたは

・望遠レンズ
・マクロレンズ

と呼ばれるカテゴリーのものを購入するのがオススメです。
これらは大きなボケが得られ、作品に寄って大きく写すことが可能です。

カメラ本体に付属しているいわゆる
キットレンズでは一眼の良さを出せないと思ってください。

レンズに関してはカメラ本体と違ってリニューアルされるペースが非常に遅く、
ほとんど買い替えの必要がありません。
カメラ本体よりレンズの方が圧倒的に写真の出来を左右しますので、
一眼カメラを使用していて写真に満足していない方も是非レンズの購入を検討してみてください。

今回は、一眼カメラについて簡単な概要を紹介いたしました。

次回は実際に一眼カメラを使って、思い通りの明るさと色、
ボケ味を得るための撮影方法を紹介したいと思います。

それではまた次回!!