【ハンドメイド無料レシピ】ワックスコードを使ったブレスレットの作り方


ワックスコードを使ったブレスレットの作り方

 


ワックスコードとは、化学繊維に蝋(ロウ)を塗り込んだ紐のことです。
蠟引き紐とも呼ばれていて、様々な色があり、
強度も高いのでブレスレットに向いた素材とされています。

アクセサリーブランドでも使われていますが、
ワックスコードは市販されているので誰でも簡単に作ることができます。

編み方などを工夫すれば
オリジナリティの高いブレスレットを作ることもできます。

今回はそのワックスコードを使ったブレスレットの作り方をご紹介します。

 

ワックスコードを使ったブレスレットの作り方

 

 

~用意するもの~
丸カン
・画びょう
・ワックスコード

 

手芸店で購入した丸かんを用意します。

大きさは今回は4ミリ程度のものを使います。

 

 

丸カンにワックスコードを通し、
画びょうをボードに丸カンが引っかかるように刺しておきます。

コードは50cmくらいを用意します。

【ワックスコードを編んでいきます】

 
今回は左右編みで編んでいきます。

まず右側の紐を左側の紐の上にもっていって輪っかができるようにします。

輪っかの下からくぐらせるように入れて結びます。

根元までしっかりと結んでください。

左側の紐も同じようにくぐらせて根元で結びます。

これを繰り返して編んでいきます。

どんどん編んでいって


5センチほど編んだら画びょうから外します。

これで片側はOKです。


もう片側も同じように5センチほど編みます。


こんな感じになるように編んでいきます。

だいぶブレスレットっぽくなってきました。

【留め具とアジャスターを取り付けます】


留め具をまず用意します。

今回はかしめるタイプの引き輪を使います。


ヤットコで編んだ紐を金具でかしめていきます。

抜けない様にしっかりとかしめてください。


反対側の金具にアジャスターを取り付けます。

モチーフを取り付けて完成です!!

真ん中の丸カンにお好みのモチーフを取り付けて完成です。

最後にワックスコードをライターで軽く炙ると蝋が溶けて強度が上がります。

さていかがでしたでしょうか【ワックスコードを使ったブレスレットの作り方】は?

編み方さえ慣れてしまえば簡単に作れてしまいます。

モチーフも自分で作ったオリジナルのものを使えば個性的なブレスレットができます。

是非一度チャレンジしてみてください。

ハンドメイドのアクセサリーや手芸の無料レシピを公開!初心者さんにも簡単にできちゃうハンドメイドレシピからハンドメイド上級者さん向けまで!続々更新しています。ピアスの作り方、ネックレスの作り方、ブレスレットの作り方、抱っこひもカバーの作り方など、ハンドメイドの無料レシピがたくさん詰まっています。