【ハンドメイドの基礎知識】リング金具の種類・使い方・代用品・コツ・レシピ


リング金具とは・リング金具の種類・使い方・代用品・コツ・レシピ

ap003244

今回はハンドメイドアクセサリー・リングを作る際のリング金具の使い方・コツ・レシピをご紹介します。

1. リング金具とは

1

リング金具とは、リングを作る際に用いる素材です。
別名でリング台とも呼ばれます。
リングの土台は出来上がっているので、装飾はリングのトップのみ。
ハンドメイド初心者の方でも、簡単にオリジナルリングが制作できます。

2. リング金具の種類

・ シャワーリング台

ap001227_1
メダル状の金具の穴にモチーフを編みつけていくリング土台です。

・ カン付リング台

ap001254_1
リングにカンついているリング土台です。
Tピン、9ピンなどで作ったモチーフを取り付けることができます。

・ 丸皿付リング台

ap002110_2
リングに丸い平プレートがついているリング土台です。
ストーンやデコ素材などを貼り付けるだけなので、道具もほとんど必要なく、簡単に取り付けることができます。

・ おわん付リング台

ap002117_2
リングにカーブのあるおわん型のプレートがついているリング土台です。
パールやストーンなど、立体的な素材を取り付けるのに適しています。

・ 立て爪付リング台

ap002504
ストーンを固定する写真のような立て爪がついているリング土台です。
大きめのストーン、スワロフスキーなど、奥行きのある素材を取り付けるのに適しています。

・ 石座付リング台


ストーンに適している、爪なしのリング土台です。
接着剤などで貼り付け、埋め込むタイプになります。
爪付きのように埋め込み素材を傷つける恐れが少なく、初心者の方に向いています。

・サイズに関して

ap003240
規格サイズ(7号・9号など)ファランジリングやフォークリングなど多サイズの展開があります。
最近ではアジャスター付のサイズフリーのリングなんかも既製品では販売しているので、製作でもチャレンジしても面白いと思います。

・カラーに関して

ap003242_2
ゴールド、シルバー、アンティーク風のブロンズなど、カラーも豊富です。
作りたいモチーフと雰囲気を合わせるとリング全体のデザインがまとまります。
また、ストーン付などのデザインもあるので作りたい雰囲気によってリング土台を変えてみるのがおススメです。

ap003244
華奢な指輪で指を綺麗に見せたり、太めの指輪でアクセサリーの存在感をあげたり、リング金具の太さによっても印象が変化します。

3. リング金具の使い方(基本)

では実際にアクセサリーを制作してみましょう。
今回はカン付きのフリーサイズリングを使用します。

① 材料の用意を用意する

2
お好きなカラー、サイズ、素材のリング金具と合わせるモチーフを選んでいきます。

② モチーフを作る

3
素材が決まったら、モチーフを制作していきます。
今回は小粒のパールと天然石を使用し1つずつTピンで留めていきます。

③ モチーフをリングにつける

4
モチーフができたら、丸カンでリングのカンにつけていきます。
引っかかったると取れてしまう恐れがあるので、丸カンの口は隙間のないようしっかりと閉めるようにしてください。

5
完成です!
モチーフが揺れて、可愛らしいリングが出来上がりました。

4. リング金具はこんな風にも使えます!

① チェーンの活用

基本の使い方で紹介した使い方の応用です。

6
2種類のサイズの違うリングにモチーフをつけた後、チェーンをつければチェーンリングに変身します。

また、リング1つでチェーンに長さを出せば、チェーンリングブレスレットも作れます。

リング金具を使って、指輪以外の装飾品へ制作できるアクセサリーも広がります。

②リング金具の使用方法を変える

『リングの種類』でご紹介しましたが、各リング金具にはストーン貼り付け用・レジン用など使用用途が書かれていることがほとんどです。

説明文で記載されていると記載通りに使用しなきゃと思われがちですが、決してそんなことはありません。

7
こちらのパールのリング。
台座付のリング金具、もしくはおわん付のリング金具を使用していると思いませんか?
実はカン付のリング金具を使っています。

8
片穴パールの穴を拡張し、リングカンをパールで覆うように埋め込んでいます。

使いたいモチーフに合うリング金具がない時は、いろいろな種類の中から合う金具がもしかしたら見つかるかもしれません。

② ネックレスのペンダントトップとして

9
リング金具は指輪として使用されるのが一般的ですが、ペンダントトップ代わりとしても使えます。
指輪にチェーンを通すだけなので、日によって簡単にトップが変えられ、コーディネートに合わせて、飽きることなく使い回しができます。

5. リング金具の代用品

リング金具がない時は、テグスを使ってリングを作ることもできます。

10
こちらは小粒のパールと丸カンをつけたチャームをテグスに通して結んだリングです。

リング金具に比べて、耐久性は弱くなりますが、テグスは伸縮性があるので装着が簡単です。
また、封入する素材の数や大きさで自分の指のジャストサイズで制作することができます。

以上、リング金具とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピでした!

合わせて読みたい!ハンドメイド材料・基礎知識について
『ヒキワ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字金具』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『板カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『アジャスター』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ストラップ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
ナイロンコート
『クラスプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『マンテル』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『U字フックセット』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Dカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カニカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『9ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Tピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸ピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『丸カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Cカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『2重カン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『Aカン・バチカン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ボールチップ・カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『プラスチックスナップボタン・ハンドプライヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ヒモ留め・レース留め・リボン留め』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『カシメ玉』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ワイヤー』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『ブローチピン・コサージュピン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『花座・菊座』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『くるみボタン・つつみボタン』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『コイルオコシ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
『曲りパイプ』とは・種類・使い方・代用品・コツ・レシピ
便利!調節できる”ヒモの結び方
メガネ留めのやり方
チェーンの種類と選び方
パールの種類と選び方、淡水パールと本パール、コットンパールなどの使い方
プラ板でモチーフ・キーホルダー・アクセサリーの作り方・コツ・レシピ・種類
イヤリング・ピアス金具の種類と使い方とその選び方
ビーズの種類と選び方、ビーズの使い方やコツ・レシピについて
つまみ細工の作り方、種類、やり方やコツ・レシピについて
★ハンドメイドの基礎知識・基本テクニックのTOP★