【ハンドメイド無料レシピ】オーガンジー素材使いこなし。ポンポンやリボンを作ってみよう!


【ハンドメイド無料レシピ】オーガンジー素材で作るポンポンとリボンの作り方

無料レシピ –オーガンジー素材で作るポンポンとリボンの作り方


夢見る女の子が憧れるウェディングで使われる素材のオーガンジー。



平織で薄く、軽く透けている生地のことで、透け感があります。
オーガンジーを使って、ポンポンやリボンを作ってみませんか?
ゆめかわいいオリジナルが作れますよ♪

■オーガンジーポンポン■


ポンポンを作る器具を使用して作る要領でも作れますが、かなりリボンのメーター数が必要となってきます。
【ハンドメイド無料レシピ】ふわもこ可愛いボンボン♪いろんなところで使いましょ♪毛糸を使ったボンボンの作り方!
今回は巻いて作らず、針と糸を使って作る方法でご紹介します!

■用意するもの■


・オーガンジー生地を必要な幅に切ったもの50cm×3cm程度を4本(仕上がりで直径約6cm程度になります。)or少し広幅なオーガンジーリボン50cmを4本
・針と糸
・はさみ

今回は2cm幅で用意しましたが、幅はお好みで変えてくださいね。
幅が広いと大きなポンポンになりますよ♪
長さを長くすると、ヒダが多くなるので、ちょっと豪華になります。
ヘアゴムを用意して、オーガンジーポンポンゴムを作っていきましょう!
用意するヘアゴムは、結んで作るタイプのヘアゴムの方が向いています。

■作り方■

1.リボンの長い部分をぐし縫い(粗いなみぬい)していきます。
【Point!】生地の端を縫い進めていきます。
今回は目立つように別の色を使っていますが、糸は目立たないように同系色がおすすめです。
糸抜け防止のため、始めの玉止めは少し大きめにしておきましょう。


2.最後まで縫ったら、一番最初に縫い始めた部分に針をさして糸をしぼって玉止めをします。


【Point!】糸抜け防止のため、終わりの玉止めは少し大きめにしておきましょう。
ヘアゴムを作るときには、糸のしぼり過ぎには注意してくださいね。
ヘアゴムが通らなくなります。
ヘアゴム以外のアクセサリーにする場合は、糸をしぼっても大丈夫です。


同じものを4個作ってくださいね。


3.ヘアゴムをオーガンジーの中心の穴に通して、結びます。


4.ゴムの結び目をオーガンジーの中心部分にずらして隠し、糸で中心部分を何度か往復させて4個のオーガンジーを縫いとめます。


別布で補足します!
1)まず、4個のオーガンジーを重ねます。


2)ふわふわしていて作業がしにくいので洗濯バサミなどで仮止めして、中央部分を何往復かいったりきたりさせて玉止めします。


形を整えて完成です!

別布の補足でご紹介していますが、ヘアゴムにしない場合は工程2の後に4個のオーガンジーを重ねて中央部分を何往復かして縫いとめてくださいね。


オーガンジーの生地でお好みの幅で切って使う場合、生地の端からほつれがでてきます。
ほつれがどうしても気になってしまう場合には、オーガンジーリボンを使ってください。

(紫:生地を幅3cmに切断(仕上がり直径約6cm程度)/赤:幅2.5cmリボン(仕上がり直径約5cm程度))

始めから輪になったヘアゴムを使いたい場合は、工程2の縫いはじめの部分に針を通す前にヘアゴムを通してから糸をしぼりましょう。


今回はオーガンジーを4個で作りましたが、個数を変えてもOKです。
オーガンジーの個数が多いと豪華になりますよ。
この作り方はオーガンジーリボンに限らずいろいろな生地に応用が可能です。
レースや普通の生地でも同じように作ることができますよ♪

ヘアゴムではなく別のアクセサリーにしたい場合は、フェルトなどをあて布としてブローチにもなります。


ヘアゴムではなく普通の糸を通せば、インテリアの飾りにも♪
棒にポンポンをつければ、ポンポンフラワーとしてもOKですよ。

■オーガンジー de リボン■



オーガンジー de リボンも作ってみよう!
かわいいリボンの中に模様があれば、もっとかわいいと思いませんか?

■用意するもの■



・オーガンジー生地
フェルトボールやスパンコールなど中に入れたいもの
・はさみ
・針と糸
・リボンの中央部分となるリボンやフェルト
・接着剤 または グルーガン(縫いとめる場合は必要ありません)

■作り方■

1.オーガンジー生地を仕上がりの大きさの2倍の円に切ります。
お皿やおもちゃなどで当てはまるものがあれば楽ですよ。
今回は直径14cmの円にしました。


2.円の周りをぐし縫いしてしぼります。
【Point!】生地の端を縫い進めていきます。
今回は目立つように別の色を使っていますが、糸は目立たないように同系色がおすすめです。
糸抜け防止のため、始めの玉止めは少し大きめにしておきましょう。
中にフェルトボールを入れるので、糸のしぼり過ぎには気を付けてくださいね。


3.フェルトボールなどを入れて、さらに糸をしぼります。
針をしぼった部分に通して玉止めをしておきましょう。


4. フェルトボールなどを左右に分けて、リボンの形になるように中央を指でおさえます。
糸を2~3回巻きつけてからしぼり口付近で針を通して玉止めしましょう。


5.中央になるリボンを接着剤やグルーガンなどで取り付けます


もちろん縫いとめてもOKです。

【Point!】縫いとめる場合は、最初と最後の玉どめはリボンの内側に隠しましょう。

ヘアゴムにする場合は、リボンを取り付けてしまう前に入れてくださいね。


【Point!】ヘアゴムをあらかじめ縫うと、さらにやりやすいです。


これで完成です!

ツインテール用やポニーテール用で大きさを変えて作ってみてくさだいね。


(右:直径20cmの円で作成/左:直径14cmの円で作成)
ただし、濃い色の生地を使うとせっかくのフェルトボールなどが見えなくなります。
中に入れるものは、軽いものならなんでもOKですよ。
重くなるので入れすぎには注意してください!
円をベースとして作るとリボンも丸みをおびた形になりますが、角ばったリボンももちろん作れます。
1)仕上がりの大きさの2倍の長さ+2cmずつで生地を長方形に切断します。
今回は12cm×15cmでカットしました。
2)生地を合わせて、周りを縫って返します。
【Point!】細かく縫った方がきれいにできます。
2~3cm程度の返し口を中央付近にきちんと作っておきましょう。
返し口からフェルトボールなどを入れることになります。

これ以降は、工程4からを参考にしてくださいね。


オーガンジー生地で作りましたが、チュール生地で作ってもかわいくできますよ。



いかがでしたか?
少し手間を加えるだけで、とってもかわいくなりますよ。
ぜひ作ってみてくださいね♪

ハンドメイドのアクセサリーや手芸の無料レシピを公開!初心者さんにも簡単にできちゃうハンドメイドレシピからハンドメイド上級者さん向けまで!続々更新しています。ピアスの作り方、ネックレスの作り方、ブレスレットの作り方、抱っこひもカバーの作り方など、ハンドメイドの無料レシピがたくさん詰まっています。