【ハンドメイド無料レシピ】ウォータープルーフラベル、アンティーク風


ウォータープルーフラベル、アンティーク風

プルーフラベル1

ハンドメイドレシピ【屋外でも使える普通紙で作るデコパージュのラベル】

屋外でも使えるデコパージュのラベルです。

ふつうはペーパーナプキンを使うのですが、そうすると絵柄が限られてしまうので、お好みのものが使えるよう普通紙をで作りました。

label (2)

1.必要な道具

label (3)

ラベルにする絵やイラストなど(ぬれても滲まないもの)
コンビニでコピーしたものでも大丈夫。
ご自分で作る場合はレーザープリンターがおすすめ。(一万円くらいからあります)

ニス2種類、水性のもの(紙用がのぞましい)と屋外用のもの(油性可)
デコパージュ液、もしくは木工用ボンド
デコパージュ液用の筆

あった方がいいもの

label (4)

ドライヤー(作業効率を高めるため)
つや消しニス(アンティーク風にするため)
ニス用の筆(スプレータイプのニスを使う場合は必要ありません)
蚊取り線香(お好みでふちを焼くため)

2.作り方

1.
label (5)
紙の表にデコパージュ液をぬります

2.
label (6)
次に水性ニスをぬります。
木工用ボンドを使った方は、デコパージュ液よりべたべたするのでしっかり乾かしてから塗って下さい。
ドライヤーで乾かすと早いです。

3.
label (7)
紙を水にひたし、

label (8)
タオルでおさえて水気をふきとり、湿った状態にします。

4.
label (9)
裏面の紙をはがしてゆきます。
指に水をつけながら、こすり、消しゴムのかすを作る感じで裏紙をはがします。

label (10)
ここで、厚みがあると、雨風にさらされるうちにパイの皮のように剥がれてしまうので、透けるくらいまで薄くします。

ポイント!!
アンティーク仕様なので、すこし破れても平気ですが、はじめは小さいサイズからはじめると楽です。
それでも破りすぎかな、とお思いの方は、いったん乾かすと薄くしたところが判りやすくなるので、それから、また剥がしたい箇所のみを濡らし、そっとこすって下さい。

5.
label (11)
なんかボロボロに見えますので、ゴミと間違えないようにw
今度は表面から屋外用のニスを塗って補強しておきましょう。

6.
label (12)
アンティーク風なので、ふちは蚊取り線香で焼いておきます。

7.
label (13)
できあがり。

あとは、缶や瓶に貼ってお使い下さい。湿らせてから貼るとぴんと貼れます。
貼った物ごと屋外用ニスで皮膜を作っておきましょう。

プルーフラベル1

お好みで上からつや消しニスもぬります。この方がアンティークっぽいです。
はじめからつや消しの屋外用ニスを塗ってもいいですが、ペンキ屋さんの話では、つやありとつや消しではつや消しの方がはがれやすいそうなので、強度をあげるため、こうします。

番外編

ちょっとした裏技、プリンターをお持ちの方に

印刷するときに、特殊な紙を使います。
半紙やてんぷらの敷き紙など、わざわざ剥がす必要のない薄いものです。
裏面処理の手間がなくなるので、格段に早く作れます。
また、紙がボロボロにならないので、スクウェアな感じのラベルが作れます。

label (14)
この場合、プリンターに紙詰まりが起きて欲しくないので、ふつうのコピー用紙に貼り付けて印刷します。

label (15)
それでも保障はできないので、こわいなーとお思いの方はやはり普通紙をこすって剥がすやり方の方がいいと思われます。


合わせて読みたい!

ハンドメイド無料レシピ一覧

ハンドメイドのアクセサリーや手芸の無料レシピを公開!初心者さんにも簡単にできちゃうハンドメイドレシピからハンドメイド上級者さん向けまで!続々更新しています。ピアスの作り方、ネックレスの作り方、ブレスレットの作り方、抱っこひもカバーの作り方など、ハンドメイドの無料レシピがたくさん詰まっています。